知る人ぞ知る、行列ができる「みよしや」のきなことたれが絶妙なみたらし団子(100円)

知恩院三門プロジェクションマッピングに行った後は、
ある特別な和菓子屋さんに向かいました。

このお店は開店時間中に八坂神社が正面に見える、四条通の左側の通路をまっすぐ行くと見つかります。
だから、夜に八坂神社に行くときなどにちょうど来店しやすいお店です。

昼は壁にしか見えず、店の上に「みよしや」というオレンジ色の看板がかかっているだけの店構えです。
夜、ここに大人気の行列店ができるようになるとはとても思えません。
夜だけ出現して、売切れたら閉店という激レアなお店。

そして、ここのお店がユニークなのは、
普通の団子やさんと違って、このお店は、お店の組立てから始まるのです。
夜の19:00を超えると(日によって開店時間が微妙に違う)店員さんが壁を開いて、団子を焼く機械や材料を用意して開店の準備を始めます。
ちなみにお店の組み立てが始まってすぐは、行列がまだ出来ていないときなので、ほとんど並ばずにみよしやのみたらし団子を買う狙い目です。

そして、店員さんが炭に火おこして、団子を焼き始めたころ、ようやく開店です。
夜、このあたりでこのように行列ができているのはこのお店くらいなので、昼間の静けさとは全く違う景色に豹変します。
本当はこのあたりの様子を写真でお伝えしたいのですが、撮影禁止のお店なのでそれができず残念です。
実際に行ってみて、その雰囲気を楽しんでいただければと思います。

今回は30分くらい並び、やっとみたらし団子をGETしました。

DSC00840
↑ 外装はおこしにつけたきび団子という感じの昔懐かしい感じの紙で、きなこやみたらしがこぼれないようになっていますが、
開けると、それらがどろっと流れてくることもあるので、ちゃんと机などにおいて食べるのがベストです。

DSC00841
↑ このみよしやさんのみたらし団子は、きなこもみたらしのたれもたっぷりいれてくれて、
1本100円です。このあたりは観光地なので、1本150円とか200円する店がほとんどなのに、この値段はとても良心的です。
(あたりが暗かったのできれいに写真が撮れていません。)

その上、味も絶品。

だんごは、ふにゃふにゃでなく、しっかり弾力性があって、焦げ目もあって香ばしい。
それに、甘すぎない絶妙なたれときなこを絡ませて食べるたときの3つの味のハーモニーがすばらしいです。
スーパーなどで売っている団子は2本くらい食べると、味が単調なので飽きますが、
このみよしやのみたらし団子は、たれが味わい深く、一人で10本くらい食べても飽きず、
また食べたいなと思うお団子なんです。

そして、翌日、みたらしときなこを大量に入れてもらえたのをこのまま捨てるのはもったいないなと思っていたのですが、
なんとなくくるみにつけて食べて見たら、止められない止まらない状態になり。(笑)

通常の開店時間は、19:00すぎで、今回は21:30ごろの来店でしたがまだ売り来ていなくて行列ができていました。
ですので、普段19:30-21:00に来店すると、無事購入できると思います。
保存料などは入っていなさそうなので、おみやげには適さず、その日のうちに食べるのがオススメです。

【私的グルメ採点】81/100点

【公式ホームページ】
なし

【マップ】
(このお店は開店時間中に八坂神社が正面に見える、四条通の左側の通路をまっすぐ行くと見つかります。正式な住所が分からなかったので、場所はアバウトです。参考程度にしてくださいね。)

◆◆京都 和菓子食べ歩きダイエットわざ001 食べた後は歩こう♪
京都にて和菓子を食べてからの帰り道、電車、タクシー、バスに乗るのではなく、
自分の足で歩くことで、中性脂肪を消費して、太るのを防ぐことができます。
だから、京都の和菓子を食べた後はすぐに楽な乗り物に乗り込まず、
最低1駅分は歩くといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。