京都の食べ歩き和菓子 一覧(このブログのもくじ)

このブログでわたくし「もぐ」が来店して、
レビューしてきた「京都の和菓子」を一覧にしました。もくじ代わりに使ってね。

【和菓子】
「みよしや」のみたらし団子

伊藤久右衛門「お茶屋のお菓子 茶々豆」

仙太郎 JR京都伊勢丹店の栗むし

小倉山荘竹生の郷の「京乃みかさ 嵯峨野 小倉焼き」と「京乃みかさ 嵯峨野 小倉焼き」

京都鶴屋「鶴壽庵」の丹波大納言 宇治抹茶 壬生炮烙(みぶほうらく)

京都鶴屋「鶴壽庵」の壬生の誠最中

本家西尾八ッ橋 あんなま やきいも・栗

目立たないけどスゴイ和菓子、幸福堂のごじょうぎぼし最中
【私的グルメ採点】72/100点

「もめん弥 がんこ職人 げんこつ揚げ 410円(税込)」はスーパーのげんこつ揚げとどう違う?
【私的グルメ採点】72/100点

高台寺雲居庵(こうだいじうんごあん)のお抹茶席

北野天満宮 終い天神の「まるまる焼き」

お得用八ッ橋

【和洋菓子】
ジュヴァンセル ジェイアール京都伊勢丹店の「抹茶コルネッタ」

ジュヴァンセル ジェイアール京都伊勢丹店のお抹茶クッキー「京のさくさく」

中村藤吉京都駅店の「まるとパフェほうじ茶」

鼓月 千寿せんべい

ヤオイソ フルーツパーラーの「スペシャルサンド」

伊藤久右衛門 京都駅前店の「老舗お茶屋の抹茶ラングドシャ 葉ごろも」

丸太町かわみち屋のそばぼうろ

————–ここからは、和菓子以外の京たべもの————–
【洋菓子】
「サンドッグイン神戸屋」のモーニングB

本家西尾八ッ橋 チョコレート八ッ橋(カカオ・抹茶・イチゴ)

アンリ・シャルパンティエ 京都伊勢丹店のWチーズケーキ

「ジュヴァンセル」のイチゴのショートケーキ「まいひめ」

「ジュヴァンセル」ひだまり

チュロスター京都寺町三条店の揚げたてチュロス

アンリ・シャルパンティエ 京都伊勢丹店「できたてミルフィーユ」

マールブランシュ JR京都伊勢丹店

【和食】
京都和久傳 (きょうとわくでん)の支子(くちなし)

「都野菜 賀茂」の480円モーニングバイキング

春日井 天ぷらうどん

京うどん 生蕎麦 岡北編 「天とじ丼」と「甘きつねうどん」

顕本法華宗 総本山妙満寺 ゆず風味大根だき

【お茶】和菓子に合うお茶たち
宇治茶の山田園茶舗 特上 雁ヶ音(かりがね)

伊藤久右衛門「宇治ほうじ茶 宝かおり」



懐かしくて心が落ち着くそうるふーど、仙太郎 JR京都伊勢丹店のごまのぼた餅と桜のぼた餅(桜ぼた)

今回は、仙太郎 JR京都伊勢丹店でごまのぼた餅と桜のぼた餅(桜ぼた)を入手。
家に帰って食べるのが待ち遠しかった。

さて、帰宅して、早速実食でぇす。

DSC08185
2個購入したのでかわいい箱に入れてもらえました。

DSC08191
箱の中はこんな感じ

■仙太郎 ごまのぼた餅(正式名は失念)
DSC08194
見た目は、黒ごま、白ごまと2種類の胡麻が使われているのが芸が細かく美しいぼた餅。

ご飯の上には黒ごまと白ごまだけでなく、
しゃりしゃりとした食感の透明の食材が使われている。
これは、氷餅(こおりもち)という食材で
餅を水に浸して凍らせたものを寒風にさらすことで乾燥させた保存食なんだ。
そのしゃりしゃりの氷餅にはうすい塩味がついていて、
いいアクセントになっていた。

ごはんはほんのり甘めでしその香りがほのかにする。
青じそが入っているのが仙太郎のぼた餅の特徴なんです。
ごはんが甘すぎないので、こしあんのおいしさが引き立っているし、
飽きが来ない味なんだ。

DSC08195
そして、この仙太郎のぼた餅のこしあんは、
きめ細やかですごい優しい味がする~、不思議だ。

そこそこお値段がするけど、
それだけの値打ちがあった。
また、食べたい!

■仙太郎 桜ぼた
DSC08199
仙太郎ではもうひとつぼた餅を入手してた。
2つ目はなんと限定品の一品「桜ぼた」。

さっそく食べてみると・・・・
ごはんがもちもちして美味しい。
気のせいか、最初に食べたごまのぼたもちよりも
ご飯の粒が大きいように感じる。

上に乗せられた桜の花の塩漬けは上品な酸っぱさ。
それ以外にもごはんに桜がところどころ混ぜられているが、
ほとんど味がしない。
だから、普通の仙太郎のぼた餅って感じだった。
もちろん仙太郎クォリティーなのでおいしいが、
この限定品を買えなくても
普通のぼた餅が買えれば十分だと思った。

DSC08203
中は上品なつぶあんでごはんと交互にたべるとおいしー

同封された説明書「青じそ入り ぼた餅自慢」によると、
小豆は丹波八木町神吉の自社工場にて
天領馬路大納言の原種から種子づくりしているとのこと。
もち米は自作しているのに加えて、近隣の農家や農協からも納入しているそう。
青じそに関しては、一部は自社の丹波工場横のハウスで自家栽培したものだそうです。

価格は2個で540円(税込)とスーパーのぼた餅よりは高いけど、
食べてみると納得。もうスーパーの中途半端なぼた餅何個も食べるよりも
この仙太郎のぼた餅1個食べたい!と思うほど。

この仙太郎のぼた餅のおいしさは、
いずれもこだわりが感じられる一級品の原材料から
生み出されるのだと感じた。

最後にひとこと
「やっぱり、仙太郎のぼた餅を食べると、落ち着くなぁ~。
おじいちゃんおばあちゃんのぼた餅を思いだすからかな。。」

———————————
【シールに記載されている項目】
名称:和菓子
製造者:(株)仙太郎(ジェイアール橋と伊勢丹)
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 B1F
TEL (075)352-6272
消費期限:(当日の日付が記載されていました。)

本日中にお召し上がり下さい 仙太郎
———————————

消費期限が製造日より1日、つまり当日ということもあり、
通販はない、店舗でしか購入できない希少な商品ですぜ。

【私的グルメ採点】81/100点

【マップ】

ジェイアール京都伊勢丹の出町ふたば「名代 豆餅」は実店舗の作り立てには敵わなかった!

ジェイアール京都伊勢丹で物色していると、
急に行列ができたのを発見。

行列に並んでいるお客さんを誘導している店員さんによると、
出町ふたばの名代 豆餅を販売しているとのこと。

私が大好きな出町ふたばの名代 豆餅がここで売られるとなれば、
並ぶしかない!ということで行列の一番最後に並んで待機。

出町ふたば 名代 豆餅は、阿闍梨餅の左隣の売り場で
販売されていて20分程度待ってようやく自分の番になりました。

DSC08177
予定通り「出町ふたば 名代 豆餅 2個入360円」を
手に入れることができてとてもうれしい。
そのあと並んでる約40人くらいの方も全員購入できたのでよかったです。

DSC08179
さて、家に帰って、お楽しみの実食タイムです~

DSC08181
まずお餅から食べると、もっちもっちの表面の感触がいい。
そしてそのお餅にくっついているしょっぱいえんどう豆、
さらに餅の中のこしあんが加わり、絶妙なうまさの共演、
さすが名代豆餅。

ただひとつ気になったのは、
出町柳にある出町ふたばの実店舗で作りたてを購入して、すぐ食べるのと比べると、
このジェイアール京都伊勢丹の名代 豆餅は数段おいしさのレベルが落ちますね。

いつもは出町柳にある出町ふたばの実店舗で作りたてを食べて、毎回、感動するほど。
でも、今回の豆餅は作った後この店舗に運ばれた商品で、
その上、買った後すぐに食べず帰宅後に食べた影響もあるでしょう、
おいしいことは間違いないのですが、
出町柳にある出町ふたばの実店舗で作られたばかりの出来立てを食べる、
あの感動的なおいしさを知っているので
ちょっと物足りなさを感じるというのが正直なところ。
冷えたせいか、えんどう豆も少し硬く感じました。

あー、また、本家の豆餅食べたくなってきたぁ。
遠くても実店舗の作り立てを食べるべきなんだな。

———————————
【出町ふたば 名代 豆餅の原材料表示】
品名  :名代 豆餅
名称  :和生菓子
消費期限:(当日の日付が記載されていました。)
原材料名:
餅米、えんどう豆、小豆、砂糖、食塩
とり粉として、馬鈴薯でんぷん、小麦粉
製造者 :
黒本平一    
京都市上京区で町通今出川上る青龍町236
電話(075)231-1658

生菓子ですので、本日中にお召し上がり下さい。
———————————

【私的グルメ採点】79/100点

【マップ】

京都 四条河原町 さくらきんつばは、桜がちょっと・・・

こちらは、京の通りゃんせと一緒に買った和菓子です。
「THE CUBE京銘菓」の右側の建物の中にあるお店のガラスケースの上に陳列されていた和菓子で、
京の通りゃんせの近くに並んでいたので一緒に買った一品。

店頭では「さくらきんつば」と書かれていたと記憶してますが、

DSC08167
↑パッケージの表には「京都 四条河原町」と記載されているだけ、
裏見ても品名「きんつば」と書かれているだけ、
「さくら」はどこにいったんだ?と思って下の原材料表示をみると、
桜葉ミンチとの記載があって、
どうやらこの和菓子の名称は「さくらきんつば」で合っているようです。

DSC08173
ではー実食タイム。
こちらも40gほどで、
阿闍梨餅と同じような大きさ、重さですね。

DSC08174
半分に割ると、あんこが出現。
食べてみるともちっとした普通のきんつばなんですが、
桜葉ミンチが入っていることで、桜の味がしてそれが
通常のきんつばとの違いですね。
ただ桜葉の風味がややきつくて、きんつばの味が負けてる感じがします。

これだったら、桜葉抜きのよくあるきんつばか、
桜メインの桜餅のほうがいいかなーと思いました。
きんつばと桜餅のような味が争って、
どっちつかずのちょっと残念な和菓子でした。
値段は108円、安いです。

———————————
【さくらきんつばの原材料表示】
品名  :きんつば
名称  :菓子
原材料名:
小豆餡、砂糖、小麦粉、水飴、卵、蜂蜜、桜葉ミンチ(桜葉・塩)、
山芋、そば粉、塩、甘味料、(トレハロース)、増粘剤(寒天)、
膨張剤、ミョウバン、pH調整剤(クエン酸ナトリウム、クエン酸)
内容量 :1個
賞味期限:枠外下部又は包装紙に記載(約27後の日付が記載されていました)
保存方法:高温多湿不可
製造者 :
尾州屋株式会社
京都市中京区壬生 東高田町4-8
電話075-323-5900
———————————

【私的グルメ採点】68/100点

【公式ホームページ】
尾州屋|The CUBE 京都駅ビル専門店街

【マップ】