Archive | 3月 2017

欧風和菓子 京の通りゃんせ 97円(税込)は隠れ美味和菓子だった

今回の和菓子は京都駅内の「THE CUBE京銘菓」の
右側の建物の中にあるお店のガラスケースの上に陳列されていた和菓子です。
初めてみたお菓子でしたがおいしそうで安いので衝動買い。

DSC08161
京の通りゃんせのパッケージには
「しっとり、あっさりとした白あんをミルクの香りの皮で包んだ新しい味」とあり。
白あんとミルクかー食欲をそそるなー。

重さは40g程度で、小さめ。
阿闍梨餅と同じくらいの大きさですね。

さて早速パッケージを開けて、実食です。

DSC08166
あー、家に帰るまで鞄に揺られてしまったので、
左半分がつぶれてしまっているー。。

つぶれてはいますが、
味は思ったよりも美味です。
白あんと加糖練乳やバター、蜂蜜の味が重なり合って
複雑で飽きにくい味に仕上がっています。

あっという間に1個平らげました。
安いし、もう1,2個買っとけばよかった!

添加物が少し多いのが気になりますが、
味はイケるし値段も安いお菓子。
まったく知らない京都の和菓子でしたが、
この「欧風和菓子 京の通りゃんせ」は当たりでした。

DSC08164
———————————
【京の通りゃんせの原材料表示】
品名  :京の通りゃんせ
名称  :まんじゅう
原材料名:
白生餡、小麦粉、砂糖、加糖練乳、麦芽糖、果糖ぶどう糖液糖、
水飴、乳等を主要原料とする食品(バター、植物油脂、乳製品、その他)、
蜂蜜、卵、バター、ショートニング、グリシン、膨張剤、香料、乳化剤(大豆由来)
内容量 :1個
賞味期限:この枠の左側に記載(約2か月20日後の日付が記載されていました)
保存方法:直射日光、高温多湿を避ける
販売者: ㈱高野屋貞弘 TS 京都市南区上鳥羽羽塔ノ森紫東町19-1
———————————

【私的グルメ採点】74/100点

【公式ホームページ】
株式会社高野屋貞広

【マップ】

「もめん弥 がんこ職人 げんこつ揚げ 410円(税込)」はスーパーのげんこつ揚げとどう違う?

DSC08155
今回は、いつもの甘い京和菓子ではなく、
塩味が効いたお菓子も食べたいということで、
ジェイアール京都伊勢丹のB1Fの和菓子売り場で売られていた、
「がんこ職人 げんこつ揚げ」という和菓子をゲット!

「がんこ職人 げんこつ揚げ」はおかきとしてはそこそこ高い、お値段410円。
スーパーで200円くらいで売っている同様のお菓子と何が違うのか?
美味しいのかどうか?気になるところです。

食べる前にパーケージを見ると、
「杵つきの餅生地を高温の釜でカリっと揚げた生地の旨味。」
と記載されています。

杵つきの餅生地ということなので、機械でついたお餅ではなく、
臼と杵でついたお餅を使っているということなんでしょうね。
それならコストが上がるのも理解できます。

しかし値段が高い分、
重要なのは味ですね。
ということで早速実食ですー。

パッケージを空けて、がんこ職人 げんこつ揚げをパクリ。
なるほどスーパーのげんこつ揚げとは差異があることを
ひとくちふたくちでもわかりました。
そして、どんどん食べてわかったのが次の結果です。

「がんこ職人 げんこつ揚げ 410円」とスーパーのげんこつ揚げ約200円を比べると、

「がんこ職人 げんこつ揚げ 410円」は
・油っぽくなく、からっと揚がっている。油分も少ない。
・せんべいに近い硬さで、歯ごたえがある
・もち米は国産でお米本来の味が口にひろがり美味しい
・最低限の塩がふってあるだけ、塩分控えめなのがいい。
 これを食べると、スーパーの200円程度のげんこつ揚げはいかに塩分が多いかわかる。
・原材料も最低限で、添加物が少なく、
 スーパーの200円程度のげんこつ揚げよりヘルシー

まとめると、値段は高いけど、
厳選した材料を使って手間暇かけて作られている。
添加物も少なくスーパーの200円程度のげんこつ揚げより健康的でおいしかった。

味は素朴ながらもち米本来のおいしさが
感じられる良質なげんこつ揚げでしたよ。

DSC08159
———————————
【がんこ げんこつ揚げの原材料表示】
品名  :げんこつ揚 38
名称  :米菓
原材料名:もち米(国産)、植物油、食塩、調味料
内容量 :150g
賞味期限:(約3ヶ月後の日時が記載されていました。)
保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください。

「本製品の製造ラインでは乳、小麦、えびの使用製品も製造しています。」
———————————

原材料のシールを見ると、販売者の㈱もめん弥は栃木県にある会社だとわかりました。
ということは京都の和菓子とちがうやん!!
ジェイアール京都伊勢丹で京都のお土産として買ったのに。。。

【私的グルメ採点】72/100点

【公式ホームページ】

http://www.momenya.com/

【マップ】

目立たないけどスゴイ和菓子、幸福堂のごじょうぎぼし最中

DSC08141
今回は、錦市場の左端近くにある幸福堂のごじょうぎぼし最中249円(税込)をゲットしました!

DSC08140
↑糀屋町通を進むと錦の文字のアーケードがあり、
左に見える店、健寿の京を左に曲がり、しばらく進むと右側に和菓子がショーケースに並んでる店が幸福堂です。
この幸福堂は創業明治元年の御菓子司ということで老舗の和菓子やさんですね。
お店は、錦市場の左端近くにある目立たない和菓子屋さんというたたずまいで、
正面には子どもでも見れるくらいの高さのガラスケースに鮮やかなお餅などの和菓子が並んでいて、
おばちゃんがそれを売っています。

今回はごじょうぎぼし最中を買うと決めていたのですが、
いざガラスケースのおいしそうなお餅達を目にすると
どれを選ぼうが迷ってしまいました。

そして、この、ごじょうぎぼし最中は実はとてもスゴイお菓子だったのです。

DSC08147なんと、このごじょうぎぼし最中は、
第二十一回全国菓子大博覧会にて内閣総理大臣賞受賞した御菓子なんです。
雑誌にも掲載されているのを見たこともあります。

ごじょうぎぼし最中そんなすごい御菓子ですが、
お店が昔ながらの目立たない感じのお店な上に、
ガラスケースにはどの和菓子も同じように並べられているので、
これがそんなお菓子だとは気づきにくい。

実際、私はこれまでにこのお店で和菓子を買ったことがありますが、
そのときは、そんな名実ともに認められたお菓子があるとは知らなくて、
違うお餅を買って食べていました。
それくらい目立たないので、
他のお客さんもこのごじょうぎぼし最中を注文せず、
他のお餅を注文して食べてる人が多かったです。

さて話は変わって、
「ごじょうぎぼし最中」は箱にひらがなで書かれていますが、
どんな意味なんでしょうね?

疑問に思っていると、
ごじょうぎぼし最中の箱の中にカラーの説明書が入っていて
この名前の由来が書かれていてその意味が分かりました。

それによると、牛若丸と弁慶の逸話で知られている五条大橋の
欄干に飾られている擬宝珠(ぎぼし)をかたどって、
「ぎぼし最中」としたそうです。
ごじょうは五条のことだったのです。
つまり全部、漢字で書くと「五条擬宝珠最中」。
なるほど~、名前の謎が解けました。

そんな前置きはほどほどに、いざごじょうぎぼし最中を実食。
噂に聞いたお菓子ですので、
帰って家で食べるまでテンションが高まり続けていたので、
どんな味がするのか気になって仕方ない。。。

DSC08154
箱を開けるとこんな感じ

DSC08149
↑正面

DSC08150
↑上から見るとあんこがぎっしりなのが見える
この、ごじょうぎぼし最中をひとかみすると、もなかの皮の香ばしさが口に、
つづいて、ほど良い甘さのあんこが口に拡がりました。

あんこはオーソドックスな味ですが、
最高級の丹波大納言小豆を使用していて、
小豆のつぶつぶがふっくらとしていて食感が良いです。

249円するだけあり、あんこはぎっしり入っているのですが、
甘すぎないあんこと厚めの皮のハーモニーがおいしく
ペロッと食べちゃえました。
奇をてらっていないオーソドックスなあんこ入り最中でしたね。

DSC08143
———————————
【ごじょうぎぼう最中の原材料表示】
名称 :菓子
品名 :ごじょうぎぼし最中
原材料:砂糖 小豆 トレハロース 餅米 保存料(ソルビン酸)
賞味期限:(4日目の日付が記載されているので、おそらく4日間)
———————————

【私的グルメ採点】72/100点

【公式ホームページ】
京都・京和菓子老舗 幸福堂

【マップ】