Archive | 10月 2014

遊食邸 錦店 チキン南蛮スペシャルがランパス利用で500円

今回はランチパスポート(ランパス)京都市版vol.3を利用すると、定価680円が500円になる遊食邸 錦店 チキン南蛮スペシャルをリサーチしました。
「ランチパスポート京都市版でお得にランチを食べよう」5回目です。遊食邸 錦店のランチパスポートメニューはお弁当3つから選べて、今回は、その中の一つ定価680円のチキン南蛮スペシャルを選びました。

DSC02874
↑遊食邸 錦店 チキン南蛮スペシャルの【セット内容】
・チキン南蛮
・唐揚げ
・エビフライ
・ゆで卵半切れ
・レタス少し
・スパゲティ

チキン南蛮は、照り焼きソースとタルタルソースもかかっていて、2つの味が楽しめます。チキン南蛮や唐揚げの衣は薄目で油っぽくありません。さらに、唐揚げやエビフライまで入っていて豪華です。野菜がほとんど入っていないのが少し残念ですが、500円でこの内容はお得でした。

【私的 グルメ採点】66/100点

【公式ホームページ】
遊食邸 錦店

【関連記事】
「ランチパスポート京都市版が使えるお店を回ろう」の一覧

カフェ ショコラ 三条御幸町(Cafe Chocolat)のガレット(マルセイユ)がランパス利用で500円

今回はランチパスポート(ランパス)京都市版vol.3を利用すると、定価920円が500円になるカフェ ショコラ 三条御幸町(Cafe Chocolat)の「ガレット(マルセイユ)」 をリサーチしました。「ランチパスポート京都市版でお得にランチを食べよう」4回目です。

このお店は、おしゃれでレトロなビル、京都・1928ビルの2階にあり、店内もおしゃれでスタイリッシュです。写真撮影したはずがすべて紛失していまい今回は写真なしです、残念。

そば粉のクレープであるガレットがメニューに多いお店で、その中のマルセイユというのはランパスで頼める料理です。

やや塩味がきいたクレープ生地の中に、ドライトマト、じゃがいも、ブラックオリーブ、オイルサーディン、トマトソース、ディル、シュレッドチーズ、卵など、バラエティ豊かな具が入っています。くせがなくクリーミーなシュレッドチーズなどの塩加減とドライトマトの甘酸っぱさがよくあう大人のクレープです。丁寧に作られているのを感じます。もう一味何か特徴があれば何度もリピートするのになと思いました。

【私的 グルメ採点】70/100点

【公式ホームページ】
カフェ ショコラ 三条御幸町(Cafe Chocolat)

【関連記事】
「ランチパスポート京都市版が使えるお店を回ろう」の一覧

カフェダイニング ヌフの唐揚げランチがランパス利用で500円

DSC02455
↑今回は、ランチパスポート京都市版が使えるお店を回ろう3回目として、ランチパスポート(ランパス)京都市版vol.3を利用すると、定価1200円が500円になる、cafe dining Neuf(カフェダイニング ヌフ)の唐揚げランチをリサーチしました。外観も店内もおしゃれなお店です。

DSC02459
↑■唐揚げランチ セット内容
・鶏の唐揚げ(ジューシーで柔らかい)
・ごはん(玄米か白米を選べる)
・サラダ(大根、にんじん、しそなどのサラダ)
・日替わりおかず一品(なすの煮物)
・お味噌汁

しょうゆ、にんにく、しょうが、ハチミツなどに漬けた地鶏を揚げた鶏のから揚げがメインの定食です。京都の地鶏が使われているということで、やわらかくて味わい深いお肉です。その他のおかずは可もなく不可もなくといった感じでした。

この定食は、ランチパスポートを使うと定価1200円→500円になります。
京都の地鶏使用ということで1200円というやや高めの定価を設定されているのかもしれませんが正直、そこまで味に違いあるようには感じられず、1200円は少し高いと思いました。個人的には、ランチパスポートを使っての定価800円くらいならリピートもありえるというレベルでした。

売切れの場合ありとありましたが、筆者が来店した12:40の時点で、あと2食のみになっていましたので、ここでランパスメニューを食べるためには、早目に来店したほうがいいです。新京極通りに入って、右側一番最初の通路の花遊小路にあるお店ですから、ちょっと見つけにくいのでご注意を。

【私的 グルメ採点】71/100点

【公式ホームページ】
カフェダイニング ヌフ(フェイスブック)

【関連記事】
「ランチパスポート京都市版が使えるお店を回ろう」の一覧