初詣編1 何かに導かれるように安養寺の「吉水弁財天堂」に初詣

知恩院の除夜の鐘を聞き終えて、知恩院の外を下に下にくだっていくと、
円山公園につづいていて、さらに、神社が見えてきた。

その神社は、こぢんまりとしているのだが、何か良いエネルギーを感じたので、
最初の初詣に参ったのだ。


↑2014年元旦ということで深夜2時ごろにもかかわらず、行列ができていた。

緑の屋根と赤い提灯が印象的で、スッキリした雰囲気が漂っている神社だ。
神社の名前はまだわからない。

「大辨才天女」とあるが、読めない。。。


↑この10人くらいの行列はすぐに自分の番が回ってきた。
しかし、名前は依然分からない。

DSCF0928
↑ 最後に、その神社の売店で「巳さんのお守り」という、かわいいへびの木彫りのお守りに魅かれて、
1つ購入した。かなりお気に入り。

家に帰ってから、この神社の名前を調べてみると「吉水弁財天堂」だと分かった。

こうして、2014年最初の初詣を終えることができた。
知恩院での除夜の鐘の後、早速初詣ができて、清々しい気持ちになった。

【Google マップ】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページ上部へ戻る
CLOSE
CLOSE