急に訪れたい場所が見つかっても迷いなく降車できる、京都の市バス専用一日乗車券(500円)

DSCF1130
↑ 金閣寺や銀閣寺を回った日は、この市バス専用一日乗車券(500円)を使ってバスで移動しました。
これは「均一運賃区間内」なら有効日(購入日)に限り、何回でも市バスが利用できるお得な券です。
これは、京都駅の市バス乗り場にある自販機で購入することもできますし、バスの運転手さんから購入することもできます。

市バスの運賃は220円なので、1か所行って帰ってくるには、440円必要です。(均一運賃区間内の場合)
2か所行く場合は1か所目220円+2か所目220円+帰り220円で660円
だから、2か所以上行く場合、毎回バスが目的につくたび220円払うより、
この市バス専用一日乗車券を購入したほうがお得になります。

また、降車の際に毎回小銭を取り出して、計算して…という面倒がありません。

というように便利な市バス専用一日乗車券ですが、
実はそれだけではありません。

この券を買わず、降車の度に毎回220円かかるとなると、
安いとはいえちょっと降りるのを躊躇してしまって、
するとそのままバスは通過して、ほんとうにおもしろいものを見逃してしまう可能性が高くなります。

しかし、市バス専用一日乗車券を利用してバスに乗っていると、
バスの中からちょっと気になった建物やイベント、行列などを発見して、
好奇心から、ちょっと見てみたいという時に、
迷いなくバスから降りて現地に向かうということが可能です。
なぜなら、どこで降りても、料金は均一なので気軽に降車できる心理になるからです。

そういうちょっとした興味で降車したスポットが、
実は一番楽しい思い出になったりするので、
京都を冒険する際は、この市バス専用一日乗車券が重宝します。

地下鉄では「市営地下鉄1dayフリーチケット(地下鉄1日乗車券)」(600円)があります。
こちらのメリットは地下鉄なのでバスより早く移動できることです。
しかしデメリットもあって、京都の地下鉄は市バスより移動できる範囲が狭いです。

また、市バスも地下鉄も乗車できる、京都観光一日(二日)乗車券もあります。こちらは市バスと地下鉄それぞれのデメリットを補える上に、京都バスも加わるという、最強の乗車券となりますが、値段が1200円です。

それぞれのメリット、デメリット考えて、これらのお得な乗車券を利用するのがいいでしょう。

【公式ホームページ】
フリーチケット(一日乗車券など)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページ上部へ戻る
CLOSE
CLOSE