総本山 光明寺にて、みずみずしい緑のもみじを見てリフレッシュ

総本山 光明寺にて、みずみずしい緑のもみじを見てリフレッシュ

乙訓寺で満開の牡丹を鑑賞して、おばあちゃん屋台の竹の子ご飯を食べた後、
光明寺へと向かいました。

多少迷いましたが、
約1.5キロメートルの近距離でしたので、
なんとかたどりつきました。


↑【動画】初夏のもみじがみずみずしい、光明寺の総門から御影堂まで

光明寺の立派な総門をくぐると、表参道です。ゆるやかな石の階段が結構続きます。
その石の階段の左右には森が拡がっていて、
下鴨神社のように背がとても高い木々が生えていて荘厳な感じを受けます。

DSC01350
↑また、ここはもみじの木が大変多いですね。
もみじと言えば、真っ赤に染まる秋が見頃として有名ですが、
今の初々しい、もみじの青葉も大変きれいです。
この初夏のもみじもすがすがしくて結構好きになりました。

DSC01353
↑さらに、まっすぐいくと光明寺とゆかりがある、法然上人さんの石像がいらっしゃいました。

DSC01355
↑6分以上歩いてやっと御影堂に到着。
お寺の建物がシンプルに配置されていて、迷うことなくそちらまでたどり着けます。
御影堂は、中に入って、座ってゆっくりお参りできました。

また、休憩用のスペースも用意されていて、涼しい空間でゆったり休めます。

DSC01364
↑ふっくらしてかわゆい2人の童地蔵さんもいらっしゃいました。

こちらの光明寺は青葉のフレッシュなもみじやあたりいっぱいの木々に初夏のみずみずしさを感じられる、上品なお寺でした。
すぐ近くの乙訓寺とあわせて参拝するといいでしょう。

【私的 パワースポット採点】70/100ポイント

【公式ホームページ】
京都 総本山 光明寺

【マップ】

【長岡京 関連記事】
今が見頃の色とりどりの牡丹やツツジや桜などに心が癒される乙訓寺でのひととき
乙訓寺付近でおばあちゃんたちが元気に売っていた「たけのこご飯」の懐かしく優しい味
総本山 光明寺にて、みずみずしい緑のもみじを見てリフレッシュ
見ているだけでも楽しい!小倉山荘竹生の郷の「京乃みかさ 嵯峨野 小倉焼き」と「京乃みかさ 嵯峨野 小倉焼き」
長岡天満宮の真っ赤なキリシマツツジはちょうど今満開の時でした

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページ上部へ戻る