京都の花街「ごはんや 蜃気楼」の定食「天麩羅気分」を食べてみた

DSCF0821

DSCF0821
↑ 次の冒険の地である建仁寺方面に行く途中にある花街、宮川町の小料理屋である「ごはんや 蜃気楼」に入り、
の定食「天麩羅気分」を食べてみたのである。

天麩羅は、茄子、ピーマン、エビ、白身魚、揚げ豆腐などを、目の前の厨房で、
揚げていただける。

チェーン店などでは、古い油で茄子がその油を吸い過ぎて重くなっていたりするが、
どれも揚げたてで、カラッとあがっていて、サクサクとした食感があった。

天麩羅以外にも、もやしのカレー炒めやちりめん山椒と、
もやしの炒め物や滋賀県の名産品であるこんにゃくの煮物など数点と赤だしがついていた。

筆者的には、あと少し何かが足りない、中の上くらいだった。

【食した料理】天麩羅定食 1000円
【私的グルメポイント】72/100点
【店名】 蜃氣楼
【住所】 京都市東山区宮川筋6丁目361
【電話番号】 075-541-0706
【Google マップ】

大きな地図で見る

【食べログ】

http://tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26002501/

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページ上部へ戻る