京都冒険のお供に最適、本家西尾八ッ橋 チョコレート八ッ橋(カカオ・抹茶・イチゴ)

京都の代表的なお土産菓子といえば、八ッ橋。
最近では、各社からさまざまなフレーバーがでてきているだけでなく、
八ッ橋入りのチョコも出てきていて、京都駅などで結構売れている。

DSCF0013
↑本家西尾八ッ橋 チョコレート八ッ橋(カカオ・抹茶・イチゴ)(840円)

DSCF0015
↑箱を開けると、3食のチョコとマンガのみに冊子が入っている。

このマンガは、本家西尾八ッ橋がどのようにしてできたのか、その歴史が分かりやすく書かれていて、
読むと本家西尾八ッ橋のファンになってしまう。

DSCF0016
↑中には、このように茶色のカカオ、抹茶色の抹茶、ピンク色のイチゴの3種類が入っている。

チョコなのに、八ッ橋味という不思議な味わいが楽しめる。

サクサクとして軽くいくらでも食べれるので、
京都駅で買って、バスや地下鉄、タクシーで移動中に食べたりすると
京都に来ているという感覚がさらに強くなるだろう。

通常の八ッ橋とこのチョコ八ッ橋どちらを選んだ方がイイかというと、通常の八ッ橋のほうがやはりオススメだが、
いつも通常の八ッ橋のおみやげを買っているという方は、
こちらも試してみると新たな八ッ橋の魅力に気づくと思う。

【私的グルメポイント】70/100点

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページ上部へ戻る