壬生寺の「壬生塚」の奥で、イケメンの近藤勇さんの胸像とご対面

壬生寺の「壬生塚」の奥で、イケメンの近藤勇さんの胸像とご対面

壬生寺の有料ゾーン「壬生塚」にてドラゴンさんに遭遇した後は、さらに壬生塚の奥へと進んでいきました。


↑【動画】すると壬生塚の突き当りに、ついに、近藤勇さんの胸像を発見!!
京都のガイド雑誌でもよく見かける近藤勇さんの胸像とやっとご対面できました。

DSC01151
↑ 「壬生寺歴史資料室」で見た写真より目が大きく、優しい目で全体的にイケメンになっています。
「壬生寺歴史資料室」の写真では、睨まれると震えあがりそうな鋭い目でしたが、こちらの銅像の近藤勇さんには、その怖さはほとんど感じません。

DSC01173
↑しかし、ズームインすると、やはり迫力があります。新撰組を統率していただけの風格を感じました。
マンガ「バガボンド」の吉岡伝七郎によく似ているなと感じました。

この近藤勇さんの胸像は、壬生塚に入らないと見ることができません。
壬生塚の拝観料は100円と安いですから、この壬生寺に来た時は、拝観料を払って、近藤勇さんの胸像に会うことをオススメします。
壬生塚では、その他に幕末の新選組隊士(芹沢鴨さんや平山五郎さんなど)の墓なども見ることができます。
また、近藤勇像の右側の絵馬を見ると、ゲームやアニメなどで女性に人気があるという薄桜鬼という作品のことを書いているものがいくつもあり、
その作品が好きな女性参拝者も多いみたいでした。

今回は、のどかな壬生寺の境内でゆっくりした時の流れの中で過ごせたのと、
有料ゾーンでのドラゴンや近藤勇さんの胸像に会えるなどの体験ができるなど、
壬生寺での冒険は収穫が多いものでした。

【私的 パワースポット採点】77/100ポイント

【関連記事】
鬼気迫る新選組の雰囲気のかわりに、のどかでほのぼのとした空気が流れていた「壬生寺」
壬生寺歴史資料室で見た、目つきが鋭すぎる近藤勇(こんどういさみ)と冷静沈着そうな土方歳三(ひじかたとしぞう)の写真にビックリ
壬生寺の有料ゾーン「壬生塚」でドラゴンボールを持った神龍!?に遭遇!!
壬生寺の「壬生塚」の奥で、イケメンの近藤勇さんの胸像とご対面

【公式ホームページ】
壬生寺

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページ上部へ戻る