京都駅前の和食の穴場、接方来 京都駅ビル店のランチ「東山」(わっぱ弁当)

DSC02225

ある土曜日に京都駅周辺でランチを食べようとうろうろしていました。でも、どこもいっぱいで、さらにうろつくことになりました。そんな時、少し外れた場所にある、接方来 京都駅ビル店にきてみると、どうやらすぐ入れそうです。歩き疲れてきたので、ここでランチをレポートすることにしました。

DSC02225
↑注文したのは「東山」(わっぱランチ)1620円(税込)。
京都を感じさせる一品料理がいくつも味わえる和食ランチです。

DSC02228
↑東山(セット内容)
・小鉢(コーン+とうがらし+赤ピーマンのあえもの)
・おつくり(まぐろ、ゆば)
・取肴
・煮物(大根、かぼちゃ、里芋)
・蒸し物
・油物(えびやなすの天ぷら)
・吸物
・ごはん(炊き込みご飯)
・香の物

という品々で、一つ一つ丁寧に味付けされています。特徴として、京野菜が多く使われているようです。西京味噌で味付られた鮭や、京都らしい薄味の煮物、味噌が乗っている生麩など京都らしい料理、京都を意識した料理が多く、どれもそつなくまとめられています。

室内は清潔で高級な感じがします。4人ずつの席が、個室のようにさえぎられていて、席と席の幅も広いので、周りをあまり気にすることなく、家族や友人同士の食事が楽しめます。1000円程度の定食と比べると、やや値段が高く感じるかもしれませんが、ひとつひとつ手の込んだ料理をみると、妥当な値段だと思います。

JR京都駅周辺は観光シーズンや土日になると、京都伊勢丹のレストランもポルタのレストランもどこも並ぶ必要が出るほど混雑しますが、ここは比較的空いていることが多いので、すっと入って京都の和食を食べたいときにピッタリのお店です。

【私的 グルメ採点】74/100点

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページ上部へ戻る