禅居庵 摩利支天堂編2 手水舎(ちょうずや)も猪

禅居庵 摩利支天堂編2 手水舎(ちょうずや)も猪


↑ 本堂の左右にも、まるっこい狛猪が鎮座していて、
出口付近の売店で売っている、お守りやおみくじも猪のオンパレードであった。

さらに、手水舎(ちょうずや)で水を出しているのも、もちろん猪である。


↑ それらのかわいらしい猪たちに別れを告げて、
摩利支天堂の出口となっている門からその先に進んでいった。

摩利支天堂と調和する、竹林や横の建物をみると、
これは摩利支天堂に関連する建物に続く通路のようだ。
そして、この通路を抜けた先には・・・

~つづく~

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページ上部へ戻る