雪合戦ができそうなほど雪が積もっていた平安神宮

雪合戦ができそうなほど雪が積もっていた平安神宮

2月14日、銀閣寺に行った後、他にも雪化粧が美しいところがないか、
乗っていたバスの中から探していたら、大きな鳥居が見えてきました。

DSC00606
↑ 平安神宮の鳥居です。
鳥居にも雪が積もっていて、美しく、
境内の雪化粧ぶりにも期待が持てるのでバスを降りて境内に向かいました。

雪で危ないからか、門の正面からは入れないように柵がありました。
しかし雪のため閉鎖されているわけでなく参拝は可能でした。
門の左右の小さい入口から入ります。

人数はとても少ないです。
30人もいないのでほぼ貸切のような様相です。


↑ 赤と緑の建物に雪が降り注ぐ様子は、映画を見ているようでとてもきれいでした。
雪が降るとまたいつもと違った印象になります。
赤、緑、白の3色がキレイでしばらく見とれていました。
平安神宮のカラーはかなり雪に合うのを感じました。

DSC00599
↑ 広い境内には雪合戦ができそうなほど雪が積もっていて、
ほうきで雪をはいていたスタッフの方が大変そうでした。


↑ 前平安神宮に来た時にはなかった小屋のようなものが建っていました。
近づいてみると「右近の橘」とあり、見事な実がなっています。
冬になると寒さからこの「右近の橘」を守るために、このように小屋で囲むようです。

同じ雪化粧でも銀閣寺と平安神宮は印象が全然違うので、
バスを途中下車して参拝しに来て正解でした。

雪化粧平安神宮の【私的パワースポットポイント】78/100ポイント

【マップ】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページ上部へ戻る