濱田岳さんと岡田将生さんも来店した新福菜館 本店 (しんぷくさいかん)のシンプルでどこか懐かしい中華そば(並)650円

DSC01676

ある夜、新福菜館の近くを通ったことで、反射的にラーメンが食べたくなり、映画『偉大なるしゅららぼん』の濱田岳さんと岡田将生さんも来店したというこの新福菜館 本店 (しんぷくさいかん)に来店しました。

このお店は、京都駅から歩いて5分くらいの距離にある、有名なラーメン屋さんで、
すぐ横の「京都ラーメン京都 たかばし 本家 第一旭」とともに、外まで行列ができていることが多い、
人気店です。

この日は、平日だったためか、
すんなり店内へ入って注文できたので、それだけで得した気分になりました。

DSC01676
↑注文したのは一番オーソドックスなメニューの中華そば(並)650円です。

運ばれてきたラーメンを見ると、
まず薄切りのチャーシューが5枚も入っているのが目につきます。
650円でこれだけチャーシューが入っているのは良心的です。

その次に、真っ黒なスープが目に飛び込んできます。
この真っ黒なスープはで最初ビックリするほど黒いですが、
味は見た目ほど濃くないしょうゆ味ベースでどこか懐かしい味がするスープです。

チャーシューの他の具は青ねきと麺だけというシンプルなラーメンです。
麺は懐かしい感じの麺で少し硬めです。

京都駅付近で、
あっさりして、食べやすいラーメンを求めている方にオススメの一杯です。

【関連記事】
映画『偉大なるしゅららぼん』の舞台挨拶付き上映 in Tジョイ・京都で聞いた、濱田岳さんと水落豊監督の秘話

【公式ホームページ】
新福菜館 本店 (しんぷくさいかん)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページ上部へ戻る