秋の味覚の栗が美味!仙太郎 JR京都伊勢丹店の栗むし

DSC02231

今回は、JR京都伊勢丹店のなかでも、お客さんでにぎわっていることが多い、和菓子のお店、仙太郎 JR京都伊勢丹店に来店して、2つの和菓子を購入。

DSC02231
↑栗むし(280円)とみたらし団子!?(162円)

栗むしは、もちっとした羊羹の上に、香ばしい栗がのっています。秋の味覚を食べている感を楽しめます。よくある和菓子では、羊羹が甘すぎて、すぐ飽きたりしますが、絶妙な甘さで、栗のおいしさを引き立てています。

みたらし団子!?は、少し焦げ目のある香ばしいお持ちに、みたらしがかかっている、オーソドックスな和菓子です。
スーパーで売っているような品より高いですが、美味しいのでそれだけの価値を感じました。

このお店は初来店でしたが、どちらも食べごたえがあり、他の和菓子も食べてみたいなとと思わせるお気に入りのお店の一つになりました。

【私的おみやげポイント】77/100点

◆◆京都 和菓子食べ歩きダイエットわざ003
京都で和菓子を食べた後は歩くのが吉というのが、これまでの2回のダイエットわざで話した話。

さらに和菓子のあとに歩くメリットを離します。

京都市内は、情緒あふれる歴史的建造物の宝庫です。
しかし、タクシーやバスだとそれらをじっくり見ることも写真も撮ることが出来ず
さーと通り過ぎてしまいます。

しかし、歩くことで、自分が気に入った神社仏閣、老舗のお店、
美味しそうな和菓子店や和食屋を見つける可能性もあります。

だから、京和菓子の後は歩きを推奨していますですよ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

ページ上部へ戻る