北野天満宮 終い天神編3 めずらしい「まるまる焼き」を食す

北野天満宮の終い天神の屋台で見つけた、アツアツのおでんを食べた後、気を取り直して、たこ焼きや焼きそば、カルメラ焼き、つけものなどの屋台が並ぶ道を進んで行った。
「すぐき漬」などと書かれたつけものの屋台がいくつもあるのが、京都らしい縁日を感じさせる。

先ほどのアツアツのおでんのように、誘惑に負けてはならない、
厳しい修行の道である。

DSC00112
↑ 筆者は気を引き締めて、歩いていたのだが・・・。

DSC00131
↑ まるまる焼きというあまりみたことがない食べ物を見つけて、
ポピュラーなお好み焼きでもなく、たこ焼きでもなく、
まるまる焼きで勝負するしているこの店主にチャレンジスピリットを感じるとともに、
どんな味だろうという好奇心から、あえなく誘惑に負けて買ってしまったのである。

これは、「天神さん、すみません」と謝るしかない。

しかし、北野天満宮に続く道に、これだけ、
美味しそうな屋台が並んでいるのに、
しかもお昼前のお腹が空いている時間に、
それを買わずにこの道を抜けることは不可能に近い。

これは、やむのえないことなのだ。
と自分に言い聞かせて、このまるまる焼きを食べてみた。

よく溶いた小麦粉に、卵を混ぜずに目玉焼きやしょうがなどを入れて焼いた
お好み焼きに近い食べ物だった。

ほとんど目玉焼きの味の印象しかない、食べもので、
料金は150円と安く、小腹の暴走をしばらくの間は抑えることができた。

そう、「しばらくの間は」である。

【私的グルメポイント】51/100点

~つづく~

【北野天満宮 終い天神編編 全記録】
北野天満宮 終い天神編1 「天神さん」をゆっくり見て回れるテクニックを発見
北野天満宮 終い天神編2 参拝前に恥ずべき「アツアツおでん」
北野天満宮 終い天神編3 めずらしい「まるまる焼き」を食す
北野天満宮 終い天神編4 すでに2014年新年モードの桜門
北野天満宮 終い天神編5 長五郎餅の誘惑に完敗
北野天満宮 終い天神編6 やっと国宝「社殿」を参拝
北野天満宮 終い天神編7 おばちゃんに触られまくる牛さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。