Archives

機動戦士ガンダムUCオリジナルコンボセット(1200円)をMOVIX京都でほうばりながらの至福の上映時間

昨日、5月17日は
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」公開初日を迎え
京都でも、MOVIX京都にて大行列が発生する熱気とともに同作品のイベント上映が始まりました。

この作品は、イベント上映と同時に
数量限定の劇場限定版Blu-ray Disc、1週目限定プラモデルも販売され、
今回は同シリーズの完結編ということで、
それらを手に入れようと朝早くからMOVIX京都の玄関前に
数百人のお客さんが並んでいたのです。

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」がどのような最期を迎えるのか、

筆者も朝7時からその行列に並び、ブルーレイを手に入れて、
いざ映画を観ようとスクリーンへ行く途中・・・

DSCF1705
↑この看板を発見してしまいました。

2Fのショップ近くにあった、
「機動戦士ガンダムUCオリジナルコンボセット」(1200円)の看板です。

これを見て、おおーと思いました。
1200円というのは少し高いなと思ったのですが、
もう最後のイベント上映になると自分を納得させ、購入・・・。

DSCF1702
↑「機動戦士ガンダムUCオリジナルコンボセット」(1200円)
ポップコーンは塩かキャラメルどちらか選ぶことができ、
ドリンクも数種類より選択できます。
筆者はキャラメルポップコーンと烏龍茶を選択。

上映時間ぎりぎりになって急いでスクリーンへと向かいました。

そして、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」を見ながら
キャラメルポップコーンをほうばりますが、食べる音が周りの迷惑になっていないか、少し気になります。
高いだけあってポップコーンもドリンクもかなりの量です。
シャアにちなんで3倍の量まではありませんでしたが、標準サイズの1.5倍~2倍はあったと思います。
特にポップコーンは大人の男でも一度に食べきれないくらいの量で、
筆者は、映画終盤になって、なんとか食べきれたくらいです。
近くの方で同セットを注文していた方は、ポップコーンが残ったため、持って帰っていました。
ドリンクは、最近暑くなってきていて、上映時間も約2時間あるので、
量の多さがとてもありがたく、最後までのどが渇くことなく過ごせました。

また、各包装には、同作品のイラストが描かれていて
「オリジナルポップコーン袋」と「オリジナルドリンクカップスリーブ」と「オリジナルペーパートレイ」
は、持って帰ることも可能です。
ただ、「オリジナルポップコーン袋」は、ポップコーンが入っているため汚れています。
それ以外は購入後すぐに外せば汚れることなく持って帰れます。

またこのセットには、他では手に入らないオリジナル特典もついていました。

DSCF1724
↑オリジナル特典の“ネオ・ジオング”クリアファイル(A4サイズ)

表には劇中で活躍したネオ・ジオングのイラスト、裏面にはネオジオンの紋章が描かれた
クリアファイルで、思わず「これはいいものだ」とつぶやいてしまう逸品です。

そして上映中は、その「機動戦士ガンダムUCオリジナルコンボセット」の
ポップコーンをほうばり、ドリンクでのどの渇きをいやしながら、
夢のような約2時間を過ごせたのでした。

この「機動戦士ガンダムUCオリジナルコンボセット」は数量限定かどうかは記載されていませんが、
売り切れてしまう可能性もあるので、手に入れたい方は
早目の購入をオススメします。

【関連記事】
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」公開初日、400人程度の行列!映画は関係者の狂気、熱情がほとばしり生きる希望があふれる傑作だった!
機動戦士ガンダムUCオリジナルコンボセット(1200円)をMOVIX京都でほうばりながらの至福の上映時間

【公式ホームページ】
サンライズ:
episode 7イベント上映館にて、機動戦士ガンダムUCオリジナルコンボセットの発売が決定!

映画公式:
機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

今回来場した劇場:
MOVIX京都

【マップ】
MOVIX京都:

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」公開初日、300人ほどの大行列!映画は関係者の狂気、熱情がほとばしり生きる希望があふれる傑作だった!

今日、5月17日は、1年間ずっと待っていた、
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」公開初日でした。
筆者はこの映画を観るため、朝早く気合いを入れて出発しました。

なぜ、朝早く出発する必要があるのかと言いますと劇場限定の物販があり、
そのうちのブルーレイは数量限定ですぐに売り切れる可能性があるからです。
必ずそのブルーレイを手に入れたかったので、
筆者は、7時前に出発し、7時過ぎにMOVIX京都に到着しました。
にもかかわらず、既にMOVIX京都の入口に長蛇の列が・・・。

DSC01655
↑行列の最後尾 100人くらいしか見当たらず、意外に少ないなと思いきや、
実は角を曲がると200人くらい並ばれていて、
合計で300人程度が既に並ばれていた状態でした。

行列はさらに伸び、筆者が並んだ1時間後くらいあとの8時か9時頃がピークだったように思います。
この時間帯なら400人~500人くらい並んでいたのではないでしょうか。
9時過ぎになって、スタッフの方にようやくブルーレイの整理券をいただき、2Fへ。
2Fのショップでもさらに20分以上待って、9時50分ごろ、やっとやっと、
「「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 シナリオ&生フィルムセット 限定版Blu-ray」と
パンフレットを購入できました。

DSCF1705
↑2Fのショップの近くの機動戦士ガンダムUCオリジナルコンボセット」(1200円)の看板。
これを見て、おおーと思い、こちらも購入してしまいました。

最初の目的を果たせて一安心。
あとは実際に映画を観るのみ!
しかし、映画開始までもう10分しかありません。
急いで映画が上映される4Fへ。

DSCF1710
↑4Fには、大きな立て看板も展示されていて、期待に胸が高鳴ります。

10:00の上映に何とか間に合いました。

その後は、この「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」
に携わった方の熱情や想いがこもった内容に圧倒される2時間で、
あっという間にエンディングを迎えました。

中身については、まだご覧になっていない方もいらっしゃるので、明言しませんが、
「人間ひとりひとりの可能性」がひしひしと感じられて、
帰る時に、スゴイいい気分で帰ることができる作品でした。
シリーズを毎回見ていた方にとっても、
概ね満足できる内容に仕上がっていたと思います。

激アツで胸アツな映画だったので、あと2回はこのMOVIX京都で鑑賞する予定で
すでにその分のチケットを予約しておいたのでした。

【私的映画採点】98/100点

【関連記事】
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」公開初日、400人程度の行列!映画は関係者の狂気、熱情がほとばしり生きる希望があふれる傑作だった!
機動戦士ガンダムUCオリジナルコンボセット(1200円)をMOVIX京都でほうばりながらの至福の上映時間

【公式ホームページ】
映画公式:
機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

今回来場した劇場:
MOVIX京都

【マップ】
MOVIX京都:

行列ができてた、京都マルイのおしゃれまくろす参

DSCF1309
↑ 昨日3月21日、弘法さんに行った後、京都マルイの入り口前を通ると、行列ができていました。
この写真を撮影した時は、もう京都マルイが開店した時なので、それほど並ばれていませんが、
多い時は50人以上いらっしゃいました。
なぜ行列ができているのかというと・・・
おしゃれまくろす参という物販のイベントが開催されるからでした。

DSCF1322
↑ 6Fの会場の様子。いつもは休憩スペースになっている、スタバの隣が「おしゃれまくろす参」の会場になっていて、
ここだけ朝からお客さんでにぎわっていました。

京都マルイでは、普段はおしゃれな女性のお客さんが多いですが、
新たな客層を開拓して、お客さんの数を増やすため、このようなイベントも定期的に開催されています。

3月21日~3月30日まで開催されるとのことですから、ファンの方は足を運ばれてみるといいですね!
このおしゃれまくろす参では、毎日、先着100名の商品購入者にはブロマイドがもらえるということなので、
来店するなら開店後すぐが狙い目だと思います。

【公式ホームページ】
京都マルイ おしゃれまくろす参

【マップ】