Archives

京まふで販売された「マンガ・ア二メと地域企業のコラボ商品」が生み出されるまでの道のり

2014年の京まふのコラボ商品がどのように生み出されるのか興味津々だったので、
昨日、去年の京まふのコラボ商品ができるまでをレくシャーされるという、
京都クロスメディア・クリエイティブセンター主催の、
第3回「マンガ・アニメ等活用商品化セミナー」に参加してきました。

セミナーで登壇されていたのは、「進撃の巨人」の出版社である「講談社」の方、
そのマンガのアニメ制作会社をグループに擁する株式会社 プロダクション・アイジーの方、
去年アニメ「進撃の巨人」との提携商品を実際に商品化された
京都の酒造会社「白糸酒造」の方の3人による対談形式のセミナーでした。

個人的には、講談社さんは今回の「進撃の巨人」のコミックスをはじめマンガ・小説などで親しみのある企業で
プロダクション・アイジーさんはアニメ「攻殻機動隊」などのアニメでおなじみで、
白糸酒造さんはおしゃれまくろすでもコラボ商品を販売されていたのを知っていたので、3事業者とも商品は知っていた、あるいは購入していました。
でも、どういう方がこのような商品を作っていらっしゃるのか、今回のセミナーで初めて知ることになりました。

3方とも、気さくな方で、情熱的にこのマンガ・アニメにまつわる商品開発に
携わっていらっしゃるというのを感じました。

セミナーの目的は、マンガやアニメ作品の関連商品の商品化を促進することだったので、
著作権についての説明から始まり、
権利者側がどういう商品を作っていきたいか、
白糸酒造さんが実際に商品化された商品を例にした商品化までの説明などが
3方が必要に応じて離されるという形式で進みました。

日々、目にしているマンガやアニメとその関連商品が
どのように生み出されるのか
普段知ることができないその裏側が垣間見える、
マンガやアニメのファンとしても大変面白いセミナーでした。

権利者としては、地域企業とはビジネスとしての側面は少なく、
それが地域の新聞に取り上げられて話題になる、
作品が盛り上がることが目標で、
これはダメあれはダメと却下されるということはないというお話でした。
地域関連商品によって作品が盛り上がることが重要だそうです。

このようなマンガ・アニメの関連商品はとても敷居が高いように感じて、
有名企業しかコラボ出来ないような先入観がありましたが、
この地域関連商品の敷居はそれほど高くないように感じました。

白糸酒造の担当の方は、マンガやアニメに大変造詣が深い方で、
その作品に対する「愛」が良いコラボ商品を作るために大事だと話されていました。

その他にも、ここでしか聞けないような話が盛りだくさんで
あっという間の2時間でした。

このセミナーを契機に、
今日まふの京都オリジナル商品の開発が本格的にスタートするということので、
2014年の京まふでどのような商品が販売されるのか今から楽しみです。

【関連ホームページ】
京都クロスメディア・クリエイティブセンター(セミナー主催)

白糸酒造株式会社(天橋立名物 進撃の巨人 ちりめん餅などコラボ商品を多数販売)

2013年9月7日(土)京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)にて感じた狂気、熱情

去年2013年の9月7日(土)京都国際マンガ・アニメフェア、略して京まふというイベントが開催された日のことです。
マンガ好きの筆者は、あらかじめ前売り券を購入してこのイベントに参加しました。当日券でも入場は可能で入場料1000円でした。

入ってすぐ、限定グッズなどが販売されている、物販ブースに向かいました。
ところが、物販ブースがあったB1Fは予想以上にお客さんが多くて、ビックリ!!
2時間以上は待たないといけないような行列だったので、先に展示を見ることに・・・。

DSCF0039
↑2Fもお客さんはそこそこ多いですが、余裕を持って歩けるスペースはありました。

DSCF0045
↑2Fの会場の端には、「進撃の巨人」の巨人さんがいらっしゃいました。

京都には、京都では20メートル級の巨人でも通れる巨大鳥居があったり、
20m級の巨人を発見したこともありますから、筆者は巨人に対する耐性が少しはあります。
しかし、油断は禁物。うかつに近づくと食べられる可能性があるので、これ以上近づくことはできませんでした。

さて、この日の物販の目玉となっていた進撃の巨人のラバーストラップ(3000円)は、
うわさによると7日は3000個、8日は2000個限定だったらしいです。
両日ともあっという間に売り切れていて、筆者が行った時にはサンプルも見ることさえ出来ませんでした。
しかし・・・この進撃の巨人のラバーストラップは、アニメイト アバンティ京都などで再販されて、2014年4月現在でも購入できます。
ですから購入したかったけどできなかった方はアニメイト アバンティ京都に行ってみるといいです。

DSCF0036
↑次に発見したのは、ジオニックトヨタのブースで、真紅のシャア専用オーリスが展示されていました。
こちらも人気で、多くの人がオーリスの前で写真を撮影したり、中に入ったりしていました。

DSCF0034
↑シャア専用オーリスのフロントには、立派なジオンのエンブレムもあります。
細かいところも念入りに作られていて、シャアの狂気、熱情を感じました。

DSCF0051
↑ 攻殻機動隊ARISEのロジコマさんもいらっしゃいました。外見だけを見るともう少しで実用化もできそうな感じです。

その後もいろいろ見て回っていると行列を発見。
キャラ食という軽食+キャラのオマケというブースで、30分程度並ぶ必要があるほどの行列ができていて、
熱烈なファンの狂気、熱情を感じました。

そんな感じでいろいろ見ていると昼過ぎになり、もうそろそろ物販ブースも空いてきているかなと思って、
B1F物販ブースへ行ってみると・・・空いてきてはいましたが、限定品はほぼ全部売り切れていて、
あらためてこの京まふの人気と、お客さんの狂気、熱情をうかがい知ることができました。

会場は、若い人が多かったですが、中には中年の人や外国の人もいらっしゃって、客層が幅広かったです。

会場の外に出ると、平安神宮がすぐ近くにあり、岡崎レッドカーペットというイベントも近くで開催していましたので、
この京まふとともにそちらも楽しめた1日でした。

2014年も9月20日と21日に開催される予定だということで、マンガ、アニメのファンにオススメのイベントです。

【公式ホームページ】
京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2014

【マップ】