Archives

連載38周年突破記念の「こちら葛飾区亀有公園前」は伏見稲荷大社など京都が舞台だった!

DSC02359
↑今日発売の週刊少年ジャンプNo.45の巻頭カラーは、なんと、秋元治先生の連載38周年突破記念の「こちら葛飾区亀有公園前」通称こち亀で、
見開きで、伏見稲荷大社を訪れた、両さん御一行の原稿が掲載されていました。

DSC02362
↑今日の朝のこと、ジャンプを購入して開くと、伏見稲荷大社と両さん達が目に飛び込んできたので、目が覚めました。
タイトルは「京都七尾伝説の巻」ということでマンガも当然京都を舞台にした内容です。
京都に訪れた、両さん、中川、麗子たちが旅館の江戸時代からの掛け軸から抜け出した七尾の狐を探すというロマンあふれるストーリー。

伏見稲荷大社や四条にある東華菜館という中華料理店、など実際の京都に存在する場所が描かれていて、見どころがあります。
最近、伏見稲荷大社に行きたいなと思っていた矢先だったので、なおさら行きたくなりました。

また、秋元治先生の38周年の区切りの連載で、普段私たちが住んでいる京都が取り上げられているのがうれしく、秋元先生やこち亀にとても親近感がわきました。
秋元治先生、京都を舞台にした素敵なお話をありがとう!
さらなるご活躍をお祈りしています。

イケメンすぎる土方歳三さんがお出迎え、京都限定 薄桜鬼ショップ

少し前に、壬生寺の「壬生塚」の奥で、イケメンの近藤勇さんの胸像とご対面した時に、その近藤勇胸像の横にある絵馬をかける場所に
薄桜鬼に関連したことを書かれている絵馬がいくつかありました。

DSCF1590
↑そのときに薄桜鬼って人気があるのだなと思っていたのですが
なんとその薄桜鬼のショップが京都駅の中に3月8日からオープンしていたのです。

いつのまにか武士の立て看板があるアニメショップみたいなのができていたのは知っていました。
実は、これが「京都限定 薄桜鬼ショップ」という、
『薄桜鬼 〜新選組奇譚〜』(はくおうき しんせんぐみきたん)のショップだったのです。

DSCF1593
↑立派な電光看板

この『薄桜鬼 〜新選組奇譚〜』(はくおうき しんせんぐみきたん)とは、
もともと、女性向け恋愛アドベンチャーゲームの作品で、
これを原作とするテレビアニメも作られ、さらに最近では、 完全新作の劇場版2部作も公開されています。
アニメだけでなく、さらに劇場版も製作されるくらいですからその人気の高さがうかがい知れます。

劇場版「薄桜鬼」第ニ章 士魂蒼穹は2014年3月8日(土)全国公開が開始されたので、
この映画の公開に合わせたのが京都限定 薄桜鬼ショップのようです。

DSCF1598
↑お店の前の「土方歳三」さんがお出迎え。
長髪でイケメンすぎるご様子。
土方歳三さんってこんなだったっけ?というのは禁句だと思われます。

DSCF1596
↑さらに土方歳三さんにズームイン

DSCF1594
↑店の面積自体は畳一畳くらいなのですが、
店内には、人気キャラのマグネットや缶バッジ、ラバーストラップ、和菓子などのアイテムが
所狭しと並べられていて、しかもそれらのほとんどは京都限定という濃密さ。

DSCF1597
↑京都 カステラ饅頭
たべるとなくなるので、おみやげにしやすい和菓子もひとつありました。

この京都限定 薄桜鬼ショップは、京都駅ビル地下一階 おみやげプラザ横にあります。
おみやげプラザとは要するにおみやげやさんです。

京都駅の烏丸中央改札口(正面に京都タワーが見える)付近にあるエスカレータを降りて、その周辺を探すと見つかりますので、
ファンの方は要チェックです。

【公式ホームページ】
京都限定 薄桜鬼ショップ

【関連記事】
鬼気迫る新選組の雰囲気のかわりに、のどかでほのぼのとした空気が流れていた「壬生寺」
壬生寺歴史資料室で見た、目つきが鋭すぎる近藤勇(こんどういさみ)と冷静沈着そうな土方歳三(ひじかたとしぞう)の写真にビックリ
壬生寺の有料ゾーン「壬生塚」でドラゴンボールを持った神龍!?に遭遇!!
壬生寺の「壬生塚」の奥で、イケメンの近藤勇さんの胸像とご対面