Archives

天龍寺 曹源池庭園編2 庭の中の庭の怪

曹源池庭園の先の順路を進んでいると、突如、建物の廊下が現れた。

DSCF0625
↑その廊下を見たとたん、私は、軽くめまいがした。
なんと、この庭園の中にまた小さな庭があるのである。

筆者は小さな庭の中にも、また小さな小さな庭があるのではあるまいか。
そして、その小さな小さな庭の中にも・・・、
という空想にとらわれて、しばらくその場を動くことができなかった。

なんとか、気を取り直し、歩を進めることにした。

DSCF0644
↑先に進むと、今が紅葉のピークと思われる木々の両脇に立ち並ぶ、小道になっており、
赤や黄色の美しい葉が木々に生い茂っているだけでなく、
地面も多いつくしていて、上を見ても下を見ても美しい紅葉が目に飛び込んでくる。

「通」は、地面の紅葉も楽しんでこそ「通」だ。

落ち葉の美しさにも目を凝らしながら進んでいると、
筆者は、また、目にしてはならないものを目にしてしまったのである。

DSCF0642
↑小さい池の上にある長い灰色の筒が残されていたのだ。
これは、何者かが、昨夜、この庭園にて、「流しそうめん」をした筒だと推測される。
このようなところに留まっていることは、危険であり、
私は足早にその場を後にした。

DSCF0651
↑そのまま庭園をずっと進んだところに、ひっそりと佇む料理店が出現。
 天龍寺直営 精進料理店「篩月(しげつ)という店だそうだ。
 この美しい庭を見ながらの食事なら、さぞかし美味しいだろう。

しかし、まだ「流しそうめん」を食していたであろう者達が
この近くに紛れ込んでいるかもしれぬ。
それを考えると、筆者はここで長居をする勇気を持てなかったのである。
すこすことその場を立ち去ることにした。

そして、しばらく歩くと、
この天龍寺 曹源池庭園から脱出に成功。

美しい庭の鑑賞と不可思議な体験を経て、
この天龍寺 曹源池庭園の冒険を終えることができたのは、
不幸中の幸いである。

貴殿が紅葉の季節にこの曹源池庭園を鑑賞される際は、
やはり、コート、帽子、マフラーなどの防寒をしっかりされることを
オススメする。

それら防寒を万全にすることで、寒い中でも、
荘厳な曹源池庭園の景色を楽しむことができるからである。

筆者のようにやや薄着で庭園に入ってしまうと、
寒さが身に染みて、早く出ようという想いの方が強くなってしまうので、
その点注意されたし。

天龍寺 曹源池庭園編 - 終わり –

【天龍寺 曹源池庭園編 全記録】
天龍寺 曹源池庭園編1 11月下旬が見頃!嵐山の紅葉と調和する庭園
天龍寺 曹源池庭園編2 庭の中の庭の怪

【公式ホームページ】
天龍寺 公式ホームページ

天龍寺 曹源池庭園編1 11月下旬が見頃!嵐山の紅葉と調和する庭園

筆者は、世界遺産の天龍寺「曹源池庭園」に入るために、料金を払い、
入り口から入ってすぐの場所に、
美しいピンクの菊の花が鉢植えされているのを発見した。

DSCF0576
↑この菊の姿には目を疑った。

なんと、けなげにも植木鉢の外へと咲き続けることで、
ピンクのハイヒールの形を実現していたのである。

植物すらも芸術を表現しようとする涙ぐましい努力に、
世界遺産である天龍寺の底力を早くも見せつけられたのだ。

DSCF0575
↑ 境内を進むと大方丈(ほうじょう)という建物がある。

そして、その建物の反対側まで歩いていくと…。

DSCF0605
↑ 眼前に広がる「曹源池庭園」

曹源池という、赤やオレンジ、黄色、緑の美しい紅葉と借景にした美しい池。
その灰色と青を混ぜたような色の池の中に色とりどりの錦鯉達が優雅に泳いでいる
という何とも贅沢な景色だった。

DSCF0609
↑場所を変えるとまた違った景色に見える。
石や石橋などの配置も絶妙だ。

DSCF0623
↑さらに場所を変えて、全体を見てみると、後ろにそびえたつ嵐山の紅葉とも調和する、格調高い曹源池庭園を鑑賞できる。

11月末で少し寒くて、長時間の鑑賞が難しかったゆえ、
貴殿が訪れる際は、少し集めのコートを着るなど、
防寒対策は十分にされたし。

また、ゆっくり、この曹源池庭園を鑑賞したいなら、
春・初秋あたりの過ごしやすい季節に来た方がよかろう。

美しい景色をずっと見ていたいと思ったが、
寒さが増してきたので、さらに先へと進むことにした。

しかし、この先で、ここまでの順調な冒険が嘘のような体験をするとは、
筆者は知る由もなかった。

~つづく~

【天龍寺 曹源池庭園編 全記録】
天龍寺 曹源池庭園編1 11月下旬が見頃!嵐山の紅葉と調和する庭園
天龍寺 曹源池庭園編2 庭の中の庭の怪

【公式ホームページ】
天龍寺 公式ホームページ

【Google マップ】

大きな地図で見る