Archives

東本願寺編6 古風な仏壇・仏具商店街を行く


↑ 東本願寺の前の横断歩道を渡り、噴水を過ぎて、さらに横断歩道を渡った界隈には、古風な仏壇・仏具の専門店が数点立ち並んでいる。

ビデオで撮影したのは、比較的新しいお店が多いが、さらに歴史を感じさせるお店がいくつもあり、
京都ならではの光景なので、東本願寺に立ち寄った際は、こちらも合わせて見るといい。

一体何十年も何百年前もの歴史を感じさせる古い看板、
昔ながらに、畳の上に机を置いて、仕事をしている主人などなど、
町の人々の生身の京文化に触れられる稀有なお店の数々が並んでいて、
見ていて飽きないのである。

【東本願寺編 全記録】
東本願寺編1 1000畳近い畳が敷き詰められた御影堂で心の静寂を得る
東本願寺編2 「高廊下」を歴史を感じながら歩く
東本願寺編3 御修復工事中の阿弥陀堂はマンションになる??
東本願寺編4 ド迫力の龍の手水舎(ちょうずや)
東本願寺編5 東本願寺の前の大噴水
東本願寺編6 古風な仏壇・仏具商店街を行く

東本願寺編5 東本願寺の前の大噴水


東本願寺を出て横断歩道を渡ると、めずらしい蓮の形の大噴水がある。

横断歩道を挟んだ真ん中という場所にあるので、東本願寺はもちろん、京都タワーなど、
周りがよく見渡せる。
また、夏の暑い時期には、豊富な水が涼しい気持ちにさせてくれる。

この先の横断歩道を渡ると、
仏具などが売っている京都ならではのお店が並んでいるので、
東本願寺に立ち寄った際は、この噴水とそれらのお店をセットで訪問するといい。

【東本願寺編 全記録】
東本願寺編1 1000畳近い畳が敷き詰められた御影堂で心の静寂を得る
東本願寺編2 「高廊下」を歴史を感じながら歩く
東本願寺編3 御修復工事中の阿弥陀堂はマンションになる??
東本願寺編4 ド迫力の龍の手水舎(ちょうずや)
東本願寺編5 東本願寺の前の大噴水
東本願寺編6 古風な仏壇・仏具商店街を行く

東本願寺編4 ド迫力の龍の手水舎(ちょうずや)


↑ 東本願寺の門をくぐって御影堂に行くまでのところに、
龍の手水舎(ちょうずや・・・参拝者が身を浄めるために手水を使う施設)がある。

この龍は、並みのお寺の龍より巨大で、ド迫力で今にも動き出しそうだ。
また、かなり年季が入っていて、手を洗うだけでもご利益がありそうなので、
東本願寺を参拝の際は、まず最初にここで手と口を清めるといいだろう。

【東本願寺編 全記録】
東本願寺編1 1000畳近い畳が敷き詰められた御影堂で心の静寂を得る
東本願寺編2 「高廊下」を歴史を感じながら歩く
東本願寺編3 御修復工事中の阿弥陀堂はマンションになる??
東本願寺編4 ド迫力の龍の手水舎(ちょうずや)
東本願寺編5 東本願寺の前の大噴水
東本願寺編6 古風な仏壇・仏具商店街を行く