Tag Archive | 東本願寺

4月10日現在、烏丸七条 東本願寺前の桜並木は徐々に葉桜に変身中

烏丸七条 東本願寺前には、道路を挟んで300メートルくらいの桜並木があります。
4月10日は、このあたりの桜を日の出とともに見に行く予定でしたが・・・朝寒くて起きることができず、2度寝したら、8時を過ぎていました(笑)
「寒い日に朝起きるのは本当につらい」と感じつつ、身支度を整え、烏丸七条へいざ出陣。


↑【動画】4月も中ごろになり烏丸七条 東本願寺前の桜並木は、徐々に葉桜になりつつありました。
しかし、七条大橋付近の桜に比べると非常に背の高い木が多く、花をたくさんつけているので、遠くから見ると今でも、満開に近く咲き誇っているように見えます。

どんどん歩いて行くと、噴水が近づいてきます。
この噴水の周りは広場となっていて、視界が開けるので、最も桜がきれいに見渡せました。
前回来た時は、コートを着ても寒くて震えていましたが今日は比較的薄着でもあたたかく感じて、
「春なんだな」とあらためて感じました。

向かいの道路の仏教商店街のあたりも桜の並木道があり、まだまだ美しさを保っています。
烏丸七条 東本願寺前の桜並木は、京都駅から歩いて5分くらいの距離にあり、京都駅近辺に立ち寄った際は、すぐ見に行くことが可能です。

【京都 癒しのお花見 関連記事】
◆円山公園編
3月12日現在、丸山公園の桜はもう咲いているのか?リサーチ結果の発表
円山公園の人慣れしているマガモさんのつがいに癒される
4月1日、円山公園は、どこを見ても桜がサクサク、満開のお花見シーズン到来!
頭のすぐ真上で桜がゆらゆらしている席でゆったーりできる、「円山公園」癒しのお花見ランチの特等席はここ!
円山公園でお花見しながら食べた、 京都伊勢丹デパ地下、京葵庵(きょうぎあん)のいろんな味付けがすばらしい和風弁当
◆京都 四条木屋町編
京都 四条木屋町「高瀬川沿いの桜並木」は、ライトアップ前とライトアップ後はどちらがきれいか?
◆平野神社編
空を覆いつくすほどの夜桜アーチのキレイさに感動!京都が誇る、癒し桜の名所「平野神社」
◆川端通り(鴨川沿い)編
お花見ウォーキングに最適!ずーと可憐な桜が続く、京都 川端通の七条大橋付近から四条大橋まで歩くと・・・
◆下鴨神社編
下鴨神社で見つけた踏ん張り桜と境内の桜
◆上賀茂神社編
ひろーい芝生が拡がる開放的な空間で咲き乱れる桜たちに癒された上賀茂神社
◆本山 本満寺編
京都桜の穴場、本山 本満寺(ほんまんじ)の桜たちは、すでに・・・
◆東本願寺前の桜並木編
4月10日の烏丸七条 東本願寺前の桜並木の咲き具合は?

東本願寺のノリノリで踊りまくる、ゆるキャラ達

去年の年末あたりに、東本願寺に寄ったら、3人のゆるキャラ達が高校!?の吹奏楽部の演奏に合わせて、
踊っていて、あまりにシュールでかわゆかったので、写真を撮りました。

DSCF0548
↑ 手前から「あかほんくん」「蓮ちゃん」「鸞恩くん」くんというゆるキャラです。
写真では動きが分かりにくいですが、3人ともノリノリで踊っているのを見て笑ってしまいました。

DSCF0549
↑ 手前の「あかほん」くんは目を閉じながら踊っている様子。

東本願寺編6 古風な仏壇・仏具商店街を行く


↑ 東本願寺の前の横断歩道を渡り、噴水を過ぎて、さらに横断歩道を渡った界隈には、古風な仏壇・仏具の専門店が数点立ち並んでいる。

ビデオで撮影したのは、比較的新しいお店が多いが、さらに歴史を感じさせるお店がいくつもあり、
京都ならではの光景なので、東本願寺に立ち寄った際は、こちらも合わせて見るといい。

一体何十年も何百年前もの歴史を感じさせる古い看板、
昔ながらに、畳の上に机を置いて、仕事をしている主人などなど、
町の人々の生身の京文化に触れられる稀有なお店の数々が並んでいて、
見ていて飽きないのである。

【東本願寺編 全記録】
東本願寺編1 1000畳近い畳が敷き詰められた御影堂で心の静寂を得る
東本願寺編2 「高廊下」を歴史を感じながら歩く
東本願寺編3 御修復工事中の阿弥陀堂はマンションになる??
東本願寺編4 ド迫力の龍の手水舎(ちょうずや)
東本願寺編5 東本願寺の前の大噴水
東本願寺編6 古風な仏壇・仏具商店街を行く