Archives

初詣編3 京都の「満足稲荷神社」で元旦3ヶ所目の初詣

熊野神社での参拝を終えて、帰り道にもうひとつ神社を見つけたので、
ここでも初詣を試みた。


↑ さて、その初詣先は、「満足稲荷神社」とあった。

午前2時30分ごろの、
きつねさんがひょっこり出てきそうな
良い意味で雰囲気がある神社である。

境内に入ると、左右に狛狐のお出迎えがあり、
樹齢400年もたつというご神木があるなど
小さいながら、見どころも随所にある神社だった。

この満足稲荷神社で
2014年元旦の初詣を終えることができて、
神社の名にふさわしく満足した気分で帰路についたのである。

【公式ホームページ】
なし(たぶん)

【Google マップ】

初詣編2 京都の「熊野神社」に元旦の午前2時過ぎの初詣

八坂神社での2014年元旦初詣はあまりの人の数に、
後日あらためて参拝することに決めた後、
もう一つ二つ今日中に参拝したいと思っていた。

それでバイクを走らせて近くの神社をさがした。
それで見つかった神社が京都の「熊野神社」だったのである。


↑ 深夜の熊野神社
元旦だったが、深夜だったので、誰もいなくて
静かな気分で参拝できた。

八咫烏のサッカーお守り600円があると
近くの机の張り紙に書いてあり、
そのお守りは雑誌か何かに載っていて欲しいなと思っていた逸品だった。
だが残念なことに神主さんも誰もいなくて購入できなかったのである。

向かって左には、小さな稲荷神社もあった。
寒いこともあり、あたりを軽く見て回った後、退出したのである。

小さいながらもさすがは京都の神社である、
入った時は誰もいなかったが、
退出した後に初詣の参拝客が4,5人ほど訪れていた。

【公式ホームページ】
なし(たぶん)

【Google マップ】

初詣編1 何かに導かれるように安養寺の「吉水弁財天堂」に初詣

知恩院の除夜の鐘を聞き終えて、知恩院の外を下に下にくだっていくと、
円山公園につづいていて、さらに、神社が見えてきた。

その神社は、こぢんまりとしているのだが、何か良いエネルギーを感じたので、
最初の初詣に参ったのだ。


↑2014年元旦ということで深夜2時ごろにもかかわらず、行列ができていた。

緑の屋根と赤い提灯が印象的で、スッキリした雰囲気が漂っている神社だ。
神社の名前はまだわからない。

「大辨才天女」とあるが、読めない。。。


↑この10人くらいの行列はすぐに自分の番が回ってきた。
しかし、名前は依然分からない。

DSCF0928
↑ 最後に、その神社の売店で「巳さんのお守り」という、かわいいへびの木彫りのお守りに魅かれて、
1つ購入した。かなりお気に入り。

家に帰ってから、この神社の名前を調べてみると「吉水弁財天堂」だと分かった。

こうして、2014年最初の初詣を終えることができた。
知恩院での除夜の鐘の後、早速初詣ができて、清々しい気持ちになった。

【Google マップ】