Archives

2014年12月31日、高台寺の除夜の鐘

新年あけましたおめでとうございます!!!ブログ開設から1年がたちさらに京都情報を発信していきますので、今年もよろしくお願いいたします。。。。。

さて新年1つ目の記事は、2014年12月31日大晦日、高台寺の除夜の鐘のリポートです。去年は知恩院でお坊さん15人による、迫力ある鐘つきを見学。さすがに迫力があって素晴らしかったー。でも、今年は、見てるだけよりも自分で鐘をつきたいと思い、いくつか除夜の鐘がつけるお寺をピックアップして、最終的に5,6回参拝した高台寺で鐘をついて、今年のしめくくりをすることにしました。

DSC04826
↑高台寺では、22時頃から除夜の鐘の整理券が配布されるという情報をキャッチして、21時45分頃に到着しました。去年の歯がガチガチ鳴って、体が心底冷え込む寒さとくらべると、今年はまだあたたかいほうでしたし、待ち時間も去年のように1時間以上待たなくていいので、結構余裕で待つことができました。

しかし・・・。

22時が過ぎて、前から整理券が配られていきます。徐々に自分の番が近づいてきて、整理券をもらったあとはそば屋さんで、
年越しそばを食べて除夜の鐘の時間までの時間を過ごそうなどと考えていると、あと4,5組のところで、まさかの定員オーバー。寒い中、待ったのもむなしく、除夜の鐘をつくという今年最後の楽しみがついえたのでした。

DSC04831
↑途方に暮れていると、近くで甘酒が無料でふるまわれていることを知り、気持ちを切り替えて甘酒もらうことにしました。この天酒があったかくて、ほどよい甘さで疲れた体に効きます。体が芯からあったまるー。その後は、除夜の鐘まで1時間くらいあったので、年越しそばを食べに。


↑高台寺 除夜の鐘&2015年へのカウントダウン 2014/12/31【動画】

↑高台寺に戻ったころには、除夜の鐘が始まっていました。そして、あっというまに年越しの時間になり、除夜の鐘を中断しての、住職さんがカウントダウン。高台寺で2015年を迎えました。除夜の鐘はまだ半分も終わっていなくて、新年になってからも108回つき終わるまで続けられます。
結局2015年1月1日の0時30分ごろまで除夜の鐘は続きました。

DSC04872
↑ライトアップされた木々が池に浮かぶさまが美しい高台寺境内の臥龍池

去年の知恩院の除夜の鐘も新年入っても除夜の鐘が続いていたのを思い出しつつ、筆者は鐘をつけないので、鐘を聞きながら、高台寺で初詣をすることに。ゴーン、ゴーンという普段は聞けない鐘の音を聞きながらの高台寺の参拝もいいものです。深夜でしたが、次から次に参拝者が絶えず、にぎやかな新年の始まりでした。

DSC04880
↑いつもは、方丈の前の庭園は方丈から眺めるだけしかできませんでしたが、今日は初詣で一般の方も参拝できるように、この庭が解放されていました。
いつもはみてるだけの庭に入れて、新鮮な感じがしました。※高台寺は、2015年の年末年始の休みがなく、お正月も参拝可能です!

2015年12月31日に高台寺の除夜の鐘をつく方法
筆者は、21:45頃に到着しましたがあと一歩のところで整理券がもらえなかったので、2015年12月31日に高台寺の除夜の鐘をつきたい方は、整理券が配られる22時の21:30には整理券の待機列に並ぶのを目安にすればいいです。万全を期すなら21:10頃には並んでおくといいでしょう。

【京都 裏観光情報メルマガ】
京都の名所&穴場の無料メルマガは、今すぐこちらをクリック

高台寺 百鬼夜行展(8月31日まで)で妖怪ウォッチング

DSC01950
↑ゲームから人気に火がついた妖怪ウォッチのおかげで、今、妖怪に注目が集まりつつあるのでは?
ということで、今回は「高台寺 百鬼夜行展」に妖怪ウォッチングに出かけました。(写真は、夜間特別拝観の燈明会(とうみょうえ)の燈明)

この高台寺、8月18日までは、夜間特別拝観も実施されていて、
暗くていかにも妖怪が出てきそうな中を拝観できるのです。

去年もこの時期にこの高台寺の百鬼夜行展にきて、
少し怖くもドキドキする体験ができたので、今回も来たいと思っていました。

さて、筆者は、夜19時頃、徐々に暗くなる時間帯に高台寺に到着して、
中へと進みました。

入ってすぐ、いきなり左手にお墓が現れますので、
初めて夜間拝観される方は驚かれると思います。

建物の中を進んでいくと、3メートルくらいの長い巻物が展示されています。
この巻物に、ユーモラスな妖怪たちが描かれていて、
思わず見入ってしまいます。

さらに、閻魔大王が描かれている掛け軸もあり、
その迫力に圧倒されました。

そして、出口付近には、豊臣秀吉公坐像があります。
小さいけど威厳と存在感を感じさせる秀吉の像です。
怖いくらいの目力があります。(これらの巻物や秀吉像は撮影禁止でした)

DSC01963
↑その後は、方丈に進んで、床に腰を下ろして
一休みしました。

この方丈は木造で優しい感じの建物で座ると大変落ち着いていい気分になれます。
そしてそこから、広い庭を眺めることができるのです。

DSC01976

DSC01978
↑そして方丈から見える庭園では妖怪イラストのプロジェクションマッピングが行われていました。

途中から猛烈な雨が降ってきたのでしばらく雨宿り。
20分以上するとなんとか雨が上がってきて一安心。次に進みます。

ねねの遺体が祀られている霊屋(おたまや)を拝観しました。
その左右の厨子内には、普段、秀吉とねねの木造が安置されているそうです。

DSC02006
↑その後は、いかにも妖怪が出てきそうな、石段や竹林を通って退出しました。

妖怪ウォッチの影響もあり、
去年より子供連れが多いかなと思ったですが、
その影響はあまり感じられず・・・
子供づれの家族はそれほど多くありませんでした。

とはいえ、妖怪が出る雰囲気がバツグンにあり、
方丈でゆったり休むことができるこの高台寺は、
あらためて良い場所だと思いました。
今度は昼間に訪れたいです。

京都観光の際は、ぜひオススメしたい場所です。
「高台寺 百鬼夜行展」は8月31日まで実施されますが、
高台寺 夏の夜間特別拝観 燈明会(とうみょうえ)は、8月18日までですので、
気になる方はすぐに拝観を!

【私的 パワースポット採点】84/100ポイント (今回の百鬼夜行展開催時)

【公式ホームページ】
百鬼夜行展 – 高台寺

高台寺編1 靴を脱いでゆったり庭を鑑賞できる至福の場所『開山堂』

今年の夏の終わりごろ、8月18日のことである。
私は、東山区にある高台寺で、
夜の特別拝観があるという情報をキャッチして、
現地に向かった。

この寺は、豊臣秀吉の妻ねね(北政所)が、
秀吉の菩提を弔うため建立した寺院であるという。

東山の坂を上った見晴しのよい場所に建立されており、
敷地も大きいことから、秀吉亡き後も、ねねの権力は大きかったのだろうと
感じられる。

さらに、この高台寺では、茶室だけで3室あるそうだ。
お茶を飲むだけの建物を3つも作るとは、なんとも贅沢な話である。

遺芳庵や傘亭、時雨亭などの3つの茶席のうち、どれも中には入れず
それぞれが違う趣向を凝らした建物だけに、残念だった。

さて、筆者は、駐輪場に自転車を止めて、
高台寺の入口へと向かった。

すると、

DSCF0006
↑入口付近の提灯には、一つ目小僧やからかさ小僧などが描かれており、
高台寺に入ろうとするものの胆力を試している。

筆者は、そのおどろおどろしさに恐怖しながらも、
まだ外が明るかったことに勇気を得て、
入口で拝観料を払い、中へと進んだのだ。

DSCF9968
↑中に入ると、緑がきれいな庭が見えてくる。

DSCF9969
↑その先に進むと、靴を脱いで、建物の中へと入ることができる。

お寺にしろ、神社にしろ、靴を脱いで、
建物内部へと入れるところは、かなり少ないので、
貴重な体験になる。

初めて訪れた神社仏閣でも、
靴を脱ぎ、木の廊下を歩いていき、
ギシギシと木がきしむ音を聞くと、
なぜか懐かしく、安心感を感じるものだから不思議である。

さらに、この高台寺では、重要文化財の開山堂という建物が解放されていて、
その奥に美しい庭が見渡せる部屋があり、
そこで腰を下ろして、ゆっくり庭園や、周辺の建築物、その先の緑豊かな森などを
じっくり見ることができるのである。

この部屋では、ゆっくりした空気が流れ、木造建築のぬくもりを感じながら、
落ち着いた時をすごすことができる。

入場者の多くは、その部屋を気に入ったようで、
座ってのんびり庭を見ながら、思い思いの時をすごしていた。
これこそ夜間拝観の醍醐味である。

筆者も、時を忘れ、しばし、その開山堂のひと部屋で休息することができた。

穏やかな空気にすっかり癒された筆者は、
この後、対峙する危機がいかなるものか知る由もなかったのである。

~つづく~

【高台寺編 全記録】
高台寺編1 靴を脱いでゆったり庭を鑑賞できる至福の場所『開山堂』
高台寺編2 この東山の地に20m級の巨人が・・・

【公式ホームページ】
鷲峰山 高台寺

【Google マップ】

大きな地図で見る