Tag Archive | 北区

幽遊白書の玄武を思わせる石に遭遇した船岡山公園

建勲神社を参拝した後は、すぐ近くの船岡山公園に行きました。

DSC02819
↑まず、建君神社の境内図を見ると、右側の道を進むと船岡山公園があることが分かりました。

DSC02839
↑そこから歩いて2,3分で小高い丘のような公園が見えてきます。ここが船岡山公園です。一休みできるベンチはたくさんあるけれど、子供用の遊具などはない、シンプルでのどかな公園ですね。

DSC02838
↑公園の左側に大きなゴツゴツした大きな岩があります。
筆者が玄武と聞くと真っ先に思い出すのは、幽遊白書で登場した玄武を思い出しますが、このゴツゴツした岩はその玄武によく似ているので驚きました。

建勲神社『船岡山について』のページには、
船岡山は聖徳太子の文献にもその名が出ており、又、1200年前、京都に都が定められた時、中国の陰陽五行思想、風水思想に基づいて、龍気みなぎる地形であり、大地の気がほとばしり、溢れ出る玄武の小山であると、卜せられ、船岡山の真南が大極殿、朱雀大路となった。』とあります。風水でも平安京を四神相応の都と考え、北玄武を船岡山とする説が有名です。その玄武を思わせる岩があるというのが、偶然なのか必然なのか?とても興味深く感じました。

DSC02828
↑この船岡山公園は、見晴らしがいいので、大文字の山もいくつか見ることができます。特に公園の右前方にある大文字の山がとても目立っていて、よく見えます。

DSC02826
↑ズームイン

DSC02825
↑さらにさらにズームインすると燃やされた後の土肌もしっかり見えました。

このような絶好の送り火観察スポットなので、五山送り火の時は、地元の方がたくさんこの船岡山に訪れます。

この船岡山公園は、天気が良い日でしたので、ポカポカしていて、ゆったりして過ごせました。
そんなに高くないので、バスから降りたら、徒歩でのぼってもほとんど疲れず、公園までたどり着けます。
建勲神社を参拝した際にこちらも訪れるといいです。

【関連ホームページ】
建勲神社『船岡山について』のページ

【マップ】

神々しい船岡山と織田信長をお祀りする建勲神社

DSC02784
↑今回は船岡大祭が行われる前に織田信長をお祀りする建勲神社を見ておきたいと思ってリサーチしたときの記録です。建勲神社は、パワースポットの船岡山の中腹にある神社で、朱色が印象的な神社です。「けんくんじんじゃ」と呼ばれることが多いですが、正式には「たけいさおじんじゃ」といいます。


↑【動画】歩いて建勲神社の境内へ 01\02
 まず、階段を昇っていき、境内を目指します。


↑【動画】歩いて建勲神社の境内へ 01\02

DSC02779

DSC02781
↑船岡山にある神社なので、結構段数があり、参拝に来ていたおじいちゃんおばあちゃんは結構しんどそうでした。

DSC02785
↑のぼりきったところ

DSC02786
↑まず、左側に『敦盛』の一節が刻まれた石碑を見つけました。『人間五十年 下天の内をくらぶれば 夢まぼろしの如くなり ひとたび生を得て 滅せぬもののあるべきか』という信長の人生観が反映された一節です。

境内入って右の目立たないところに社務所があります。

DSC02789
↑そして、左側には、手水舎があります。ここで手と口を清めて中へ。

DSC02788
↑最後の石段にて左右に狛犬さんがお出迎え

DSC02801
↑石段の上には、拝殿があります。何も置いていなくて清々しいです。神社の維持も大変なので、いろんなところにお賽銭がある神社も多いですが、建勲神社では、お賽銭するところはここくらいしかなくスッキリしています。

DSC02803
↑朱色と木材の色が素敵です。拝殿がスッキリしているので、奥の神門(祝詞舎)もきれいに見えます。

DSC02809
↑拝殿の奥に位置する神門(祝詞舎)

DSC02811
↑酒樽がいっぱいあり、お酒好きの信長さまが喜びそうです。神門奥には本殿がありますが、この門の先は入ることができません。

DSC02807
↑神門とその奥の本殿の後ろに、船岡山山頂がどっしりと構えていて、このあたりがとても神々しい感じがします。船岡山にしっかり守られているような感じがして安心感がありました。全体的に非常にシンプルなところに信長っぽさを感じさせる神社でした。

建勲神社は10分もあれば全体を回ることができます。ここから歩いて3分ほどでパワースポットの船岡山に歩いて行けますし、建勲神社の向かいには今宮神社があり、少し歩くと大徳寺もあり、近場にみどころがいっぱいあるエリアです。

【公式ホームページ】
建勲神社

【マップ】

レトロな昭和の雰囲気が落ち着く「翡翠」のモーニング サンドイッチ(500円)

DSCF1090
↑ 北大路ビブレから歩いて5分くらいのところにある、「翡翠」に来店しました。

DSCF1092
↑ 中に入ると、まず驚くのが、レトロな雰囲気でです。

DSCF1093
↑ 昭和を生きてきた人、特に年配の人になればなるほど懐かしく感じるはずです。

ランチや定食のようなものを頼もうと思ったのですが、
まだお昼前なのでモーニングしかやっていないとのこと。

DSCF1095
↑ モーニングのサンドイッチ(500円)を注文しました。
サンドイッチとサラダとドリンクがついたセットです。

サンドイッチは、ハムときゅうりが入っていて、お皿に卵が添えてあり、
サンドイッチにこの卵を入れて食べるとおいしいです。

サラダはトマトとキャベツが入ったあっさりしたもの。
ドリンクは、値段内のドリンクなら好きなものを選べます。
今回はお茶が飲みたかったので、春ウコン茶を頼みました。

ここはなんといってもこのノスタルジックな昔ながらの喫茶店で
時間を忘れてゆったり休めるスポットでした。

【私的グルメポイント】67/100点