Tag Archive | スイーツ

シュークリーム専門店のビアード・パパ JR京都駅アスティ店

DSCF1691
↑今回は、ビアード・パパ(beart papa’s) JR京都駅アスティ店というシュークリーム専門店に来店しました。

パイシュー(カスタードクリーム)、
クッキーシュー(カスタードクリーム)、
パリブレスト(カスタードクリーム)の3つを注文しました。

DSCF1695
◆パイシュー(カスタードクリーム)(160円)

生地が非常に柔らかく、
触ったらすぐ崩れるくらい繊細、
サクサクしています。

高級なバニラビーンズ(黒い粒)も入っている
濃厚なクリームがおいしいです。

DSCF1700
◆クッキーシュー(カスタードクリーム)(180円)
パイシューと同じ生地がベースになっていて、
その上に甘いクッキーがまぶしてあり、
アクセントになっています。

20円高いので、
もう少しクッキーの生地がほしいところですが、
3つの中では一番おいしかったのも事実です。

クリームは通常のパイシューと同じカスタードクリームです。

DSCF1697
◆パリブレスト(カスタードクリーム)(170円)
パイシューよりしっかりしたドーナツ状の生地の中に
クリームが入っているタイプのシュークリームです。

チュロスに少し似ている生地で、
パイシューとはこの記事の食感が違います。
カスタードクリームはパイシューやクッキーシューと同じです。
パイシューより10円高いが、それ程違いは感じられません。

コンビニに売っているシュークリームとそれほど値段が変わらないですが、
シュークリーム専門店のシュークリームで、作り立てなので、
コンビニのシュークリームよりはおいしいです。

京都駅内で安くて小腹を満たせるスイーツを食べたいときには、
ビアード・パパ JR京都駅アスティ店のシュークリームが
選択肢の一つとしてあります。

【私的 グルメ採点】68/100点

【公式ホームページ】
ビアード・パパ JR京都駅アスティ店

大きくて美味しいホテルのケーキが食べれる京都駅地下のMAYFAIR KYOTO STATION(メイフェア京都ステーション)

ある日のお昼過ぎのことです。京都駅地下をブラブラしていて小腹がすいたので、軽くスイーツでも食べれるカフェを探していました。
そして見つけたのが、京都駅地下東口改札前にある、MAYFAIR KYOTO STATION(メイフェア京都ステーション)というカフェ。
ケーキセット800円(りんごのタルトタタン(400円)+カフェオレ(400円))を注文。
ケーキはショーケースにきれいに並べられていて、そこから選ぶことができます。

DSCF1663
↑頼んだケーキは、リンゴのタルトタタン(400円)です。
ケーキとドリンクの合計が800円と、そこそこな価格がするなと思いましたが、
リンゴのタルトタタンのシロップ漬けのリンゴを一口食べてみると納得。
リンゴにはカラメルの味がしっかり染みていて、サクッとした食感が楽しめます。
このリンゴがケーキの上面いっぱいに乗っていて、ボリューム満点。
リンゴの下は2段目アーモンドクリーム、3段目タルト生地という構造で、リンゴと一緒に食べると
また違った味になりおいしいです。

見た目がチェーン店のケーキと明らかに違って斬新で、
大きいケーキで食べごたえがあり、しかもおいしいので、800円の価値はあります。

DSCF1664
↑カフェオレ(430円)
そのケーキとこのカフェオレがよくあい、楽しいひと時を過ごせました。

惜しいのは、一応分煙になっているけれど、喫煙側と禁煙側を仕切るガラスの上部が途中までしかなく、
喫煙側の煙が禁煙側に少し流れてきます。
煙たいほどではないですが、その匂いが多少気になるし、家に帰ると服にたばこのにおいが染みついていました。
ですので、完全に禁煙席で食事したい方には向きません。

でも「ウェスティン都ホテル京都 1F ティールーム 「メイフェア」」のケーキセットは1520円と倍近くかかることを考えると
とてもお得で、味もおいしく、急かされることなくゆっくりできるカフェなので、
京都駅付近でケーキがそこそこ美味しいカフェを探していて、たばこの煙が気にならない場合、オススメです。

【私的 グルメ採点】74/100点

【公式ホームページ】
駅カフェ メイフェア 京都ステーション

【マップ】

【関連記事】
隠れたスイーツの名店「ジュヴァンセル」ひだまりのオレンジとチョコのハーモニー
京都駅から歩いて7分ほどの距離にあり、ゆったり朝食のひと時を過ごせる、上品なカフェ「珈琲館 京都東本願寺前店」のミックスサンドモーニング

京都駅付近では珍しい、手ごろな値段でイートインありのヴィドフランス京都店

今回は、ポルタのリニューアルで改装された、ヴィドフランス京都店に来店したときのレポートです。

DSCF1378
↑店内の様子。
2014年3月のポルタリニューアル時に
このヴィドフランス京都店も改装されていて、席など一新されて、きれいになっています。
以前は、食事席が出入りが激しい入口の近くに座席がありましたが、
改装後は、入口から離れてた場所に座席があるので前よりゆったりできるようになりました。

DSCF1376
↑パンオレザンとほうじ茶黒豆&ジャージー

◆パンオレザン(194円)69点
レーズンが入っている、デニッシュパン。
クリームも入っていておいしい。サクサクしてる。

◆ほうじ茶黒豆&ジャージー(173円)71点
ほうじ茶味のほんのり甘いパンで、中にほうじ茶のクリーム、その中に甘いあずき入り。

DSCF1377
↑ハニーフロマージュココアとハッシュドポテト&オニオン

◆ハニーフロマージュココア(185円) 60点
中はハチミツ味のムシパンで、その中にはヨーグルトのクリームが入っています。
外はココアパンということだが味が薄く硬いパンです。

◆ハッシュドポテト&オニオン(173円)72点
ハッシュドポテト、オニオンがあわさって美味しい。ソースもいい味。

ヴィドフランス京都店のパンの味は並ですが、
京都駅周辺には、このようなイートインで手ごろな価格のパンが買って食べれるお店が
数店しかないので、ちょっと小腹がすいた時や、京都駅周辺で休憩したいときに重宝するお店です。

【私的 グルメ採点】67/100点