Tag Archive | 京スィーツ

京都冒険のお供に最適、本家西尾八ッ橋 チョコレート八ッ橋(カカオ・抹茶・イチゴ)

京都の代表的なお土産菓子といえば、八ッ橋。
最近では、各社からさまざまなフレーバーがでてきているだけでなく、
八ッ橋入りのチョコも出てきていて、京都駅などで結構売れている。

DSCF0013
↑本家西尾八ッ橋 チョコレート八ッ橋(カカオ・抹茶・イチゴ)(840円)

DSCF0015
↑箱を開けると、3食のチョコとマンガのみに冊子が入っている。

このマンガは、本家西尾八ッ橋がどのようにしてできたのか、その歴史が分かりやすく書かれていて、
読むと本家西尾八ッ橋のファンになってしまう。

DSCF0016
↑中には、このように茶色のカカオ、抹茶色の抹茶、ピンク色のイチゴの3種類が入っている。

チョコなのに、八ッ橋味という不思議な味わいが楽しめる。

サクサクとして軽くいくらでも食べれるので、
京都駅で買って、バスや地下鉄、タクシーで移動中に食べたりすると
京都に来ているという感覚がさらに強くなるだろう。

通常の八ッ橋とこのチョコ八ッ橋どちらを選んだ方がイイかというと、通常の八ッ橋のほうがやはりオススメだが、
いつも通常の八ッ橋のおみやげを買っているという方は、
こちらも試してみると新たな八ッ橋の魅力に気づくと思う。

【私的グルメポイント】70/100点

アンリ・シャルパンティエ 京都伊勢丹店のWチーズケーキにハチミツをかけて食べる

アンリ・シャルパンティエ 京都伊勢丹店では、できたてミルフィーユが特別においしいと感じたが、もう一つイケるケーキがあった。

fujifilm 130206まで 1287
↑それは、Wチーズケーキ(1260円)である。

アンリ・シャルパンティエのカットケーキは割高に感じるので、
このホールケーキを購入してみたのだが、正解だった。

まず、表面にかけられたクッキー(サブレ)がサクサクして、
やわらかいだけの他のケーキと違う食感がしていい感じだ。

fujifilm 130206まで 1289
↑そして、中は、2層のチーズケーキになっている。

1層目は、ベイクドチーズケーキ、
2層目は、レアチーズケーキとなっていて、口に入れると、2つの味が合わさっていって美味しい。

さらに、このWチーズケーキには、容器入りのハチミツもついている。
普通のケーキは完成品をそのまま食べるだけだが、このケーキはハチミツを
かけてより甘くしたり、チーズケーキだけで食べたり調整ができて、それが楽しいのだ。

コンビニケーキなどを買うと、やたらチーズが重くて、
味もずっと同じなので飽きてきたりするが、
このwチーズケーキは、チーズが軽く、
サブレ、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、ハチミツと
4つの組み合わせが楽しめるので最後まで食べやすかった。

【Wチーズケーキのグルメポイント】71/100点

クリームが優しい「ジュヴァンセル」のイチゴのショートケーキ「まいひめ」

ジェイアール京都伊勢丹のBIFにある隠されたるケーキ屋さん
「ジュヴァンセル」では、
ひだまりのほかに、
「まいひめ」というケーキも購入した。

DSCF0893
↑まいひめ441円

こちらは、オーソドックスなイチゴのショートケーキだった。

一段目は、生クリームの段で、その上にイチゴがひとつ。
2段目スポンジ
3段目生クリーム。その中にイチゴの果肉
4段目スポンジ
という感じのケーキである。

このまいひめは、クリームが軽くもたれない。甘すぎない。
コンビニのケーキなどでありがちな画一的でドギツイ甘さではなく、
「ジュヴァンセル」特有の味わい深い優しいクリームだった。

【私的グルメポイント】76/100点

【関連記事】
京スイーツ記事の一覧